モノコト

日々のものこと

今日も元気に警戒ちう

今日も元気に警戒ちう今日もイイ天気で気温が上昇。
掃除機をかけてから床の水拭き。
おぉ〜キモチがイイネェ!
そこでやめといたらヨカッたのですが、ローマンシェードも洗おう!と張り切って取り組みました。
ももが覗く場所が黒〜くなってたんですヨネ。
外すのはカンタン〜でも付けるのが結構面倒でした…。
ちかれました…。
それにもう10年以上たつので、部分的に日焼けしてたり、生地が薄くなってました。
チョット、考えないといけないなぁ〜。

でも、とりあえずキレイになってサッパリ。
乾かすために巻き上げないでいたら、こんな感じで頼んでないのに今日も警戒ちう。
我が家のセキュリティシステムです(笑)

虎ノ門フラワーマーケット

虎ノ門ヒルズで催されている虎ノ門フラワーマーケット今朝思い立って、虎ノ門に行きました。
もう3年ぶりくらいの虎ノ門。
好きだったホテルは跡形もなく、高層の建物が建設中でした。
目的は虎ノ門フラワーマーケット
何度か開催されてて、一度伺いたいと思っておりました。
ikanikaの平井かずみさんが監修です。
よく知ってるお花も見たことのない色やカタチが魅力的よく知ってるお花たちも、見たことのない色やカタチ。
ナンダカ、ドキドキ、ワクワクです。
実は…わざわざ都内虎ノ門まで行ってつまんなかったらやだなぁ〜って思ってました。
ごめんなさい〜とーーってもステキでした!
Hana Tutumiさんはあいかわらずステキ!千葉にアトリエがあった時は、ももと主人とで伺ったHana Tutumiさん
デザイナーでオーナーの栗城三起子さん。
ちゃんとワタシたちのコトを憶えててくださって感激でした。
あいかわらず、ステキな「かわきばな」でお客さまもたくさんでした。
おみやげはギンザシックスのサンドイッチHana Tutumiさんではカゴに挿してるキレイなかわきばな。
別のお店で全体的にはペールオレンジだけど燻んだベージュっぽい感じもあって、うっすら黄色とピンクも入っている何色って言えないステキなスプレーバラ。
それから原種に近いグリーンの小さいクリスマスローズははいいろオオカミ+花屋 西別府商店さんで頂きました。
ベランダのハーブを帽子に飾って被っていたら「そんな風に植物に寄り添って暮らすってホントいいなぁ〜」とはいいろオオカミさんが褒めてくださいました。
お世辞でもウレシいナ!
そんな感じで、何やかんや2時間くらいいました。
明日もありますヨ。
お時間あったらぜひ!

帰りにヘッケルンさんで素朴なプリンとサイホンコーヒーを頂いて、ギンザシックスの熟成肉とお野菜のサンドイッチとサラダを買って帰ってきました。
ホントはネ〜もう少し銀ブラするつもりでしたが、暑いし海外観光客の方々でごった返してたので、サッサと退散してきました。
最近、根気なくてすぐに退散してしまいます(笑)

魔法瓶ポット

ずっと前から気になってたアルフィ オパール のホワイトもう5、6年前くらいからステキだなぁ〜と思っていたドイツ製の魔法瓶ポットがありました。
その当時、大好きなブログでひなこさんがご紹介されてて「ワタシもこのポット気になってるのヨ!」と主人に話していました。
そのカッコよさだけでなく、長時間の保温効果の機能もさすが!
ずっーーと、アマ◯ンのほしいものリストに入っておりました。
アルフィ ジュエルのクローム。
まるで鏡のようで、クラシックなカタチが美しい。
いつかいつかお迎えしたい、ずっと憧れておりました。
でもズボラなワタシ…。
クロームはピカピカに磨かないとダメなんやろなぁ〜と思うようになってきました。
その内、ボディの色もイロイロあるコトを知りました。
お鍋も保存容器もそうですが、ワタシは琺瑯の白が好き!
でも、ジュエルの白は今、ヒカリが当たるとラメのようにキラキラするパールホワイトという色。
それはニガテ…好きなのは琺瑯の白ですから。
で、オパールというシリーズの白は、どうやらワタシの好きな白だとわかりました。
アルフィ オパールのホワイトです。
カタチは違いますが、クラシックな感じとペンギンのようなシルエットが気に入りました。

後から気がつきましたが、石田ゆり子さんのご愛用品のようなのです。
改めて「Lily」をよく見たらお写真に写ってました。
決してミーハーでマネをしたワケではありません!
でも、ゆり子さんのご愛用品と同じでウレシい!(やっぱりミーハーだぁ!笑)
専用のドリッパーでコーヒーを淹れると8杯分作れます。
飲みたい時に温かいままのコーヒーが飲めます。エエわぁ〜。
何よりその存在感がステキです。
お外に温かい冷たい飲み物を持っていく時も、活躍してくれますネ。

春のごはん

ル・クルーゼさんのレシピで炊きましたルクさんのレシピで炊いた「桜えびとそら豆ごはん」
色もカホリも春ごはんです。

今日もシニアにワンプレート弁ごはんだけでなく、ポテトサラダも春の食材。
新じゃがに新玉、ホタルイカのピクルスに菜の花で作りました。
ポテトサラダってじゃがいもの良し悪しでお味が全然違いますヨネ〜。
器は松原竜馬さんのスリップウェア、鬼のパンツとワタシは呼んでます(笑)
じぃにもティーマのワンプレートで置き弁です。

昨日、エアコンクリーニングの方に来て頂きました。
年末にジブンでエアコン掃除を試み、中は素人ではムリだ!と悟ったからです。
お掃除系の会社ではなく、我が家のエアコンのメーカーさんのクリーニング部門の方をお願いしました。
普通より料金はかかりましたが、中のファンも分解してキレイにしてくださったので満足です。
試運転でかけてもらったエアコンは、においもせずよく冷えて音が少し小さくなったような気がしました。
もう古いエアコンですが、今年の夏もガンバってほしいと思います。

今回クリーニングして頂くにあたり、ひとつだけキニナってるコトがありました。
それは黒いヤツがきっとずっと吠える、というコト。
そこで邪魔にならないようにケイジに入れて作業の方が見えないように、いつも開けている引き戸を半分閉めてみました。
最初は案の定、警戒レベルで吠えていましたが、諭すように理由を話したら段々吠えなくなりました。
諦めた…というほうが正しいかも…(笑)
終わったあと、引き戸を開け担当の方とお話ししててもほとんど吠えませんでした。
ナント、昔ご実家で黒柴ちゃんを飼っていたコトがあるそう。
「番犬として飼ってられるから、吠えるのは仕方ないですヨネ」と言ってくださってました。
番犬としては飼ってないんですけどネ(笑)
頼んでないのに、ものすごく番犬です。

シニアに置き弁

あじフライはフッワフワ急に食べたくなるあじフライ。
美味しいお魚はフライにするとフッワフワでホント美味しい!
先日「作ってあげたいシニアの置き弁」という本を図書館で借りました。
やはり歳をとると歯も噛む力も衰えるので、小さめに切るコトが大切なのだと思いました。
なので、今日のあじフライも半身を半分に切った大きさです。
お魚フライにはやはりマヨネーズ(タルタルソースは面倒くさかったので笑)と思って、今年2018年の瓶のキューピーマヨネーズを開けました。
戌年だから柴犬の着ぐるみを着てるキューピーちゃんです。
大事にとっておいたら、忘れてしまいそうなので早速使いました。
いろんなマヨネーズを使ってみたり、ジブンで作ってみたりしたけど、やっぱりこのスッパイお味が好きなんですヨネ〜。
と言いながらアスパラは長いまま。
じぃは食べやすいように切りました。
アスパラの塩焼きは「孤独のグルメ」をご覧の方はピンときたかも…。
観るとネ〜すぐに食べたくなるんです。
食いしん坊ゆえ…(笑)

日本タンポポ

日本タンポポを探して春になると、キニナルモノがあります。
それはカワイイ黄色いお花、タンポポ。
ももとお散歩しながら、注意深く観察しています。
それでもなかなか見つけられない日本タンポポ。
ご存知の方も多いと思いますが、今その辺に咲いているタンポポはだいたいが西洋タンポポ。
そもそも西洋タンポポは外来種で、繁殖力があって暖かい地方ではほとんど一年中咲いています。
それに比べて日本タンポポは、春にしか咲かず西洋たんぽぽに押されてだんだん数が減ってきました。
そんな日本タンポポが好きで、春になると探してしまうのです。
今日、今年初めて日本タンポポを見つけました。
ナント!我が家のアパートの植栽の合間にポツポツと。
見分け方はお花の萼(がく)。
日本タンポポは写真のようにがくが、クルンと反っていません。
そうやってタンポポを観察すると、ほとんどクルンとなってて日本タンポポって絶滅?って思うほどです。
タンポポが咲いてたら、一度お花の下側をチェックしてみてください。
日本タンポポ見つかるとウレシいですヨ。

母からもらった花

実家の庭からもらったシンピジューム結婚した時、母から実家の庭の鉢植えをイロイロもらいました。
ただ、ジブンの好きな花たちとはチョット違ったので、大して気にかけずにいたら消えるようになくなったりするモノも…。
で、今ではこの赤茶色の地味なシンピジュームだけになってしまいました。
このシンピジュームも、もう枯れるもう枯れると何度も思ったコトでしょう。
いつも葉っぱ4、5枚なのに、毎年春に花を一本咲かせています。
そして今年は二本も咲かせました。
ガンバッた〜大サービスダネ!
甘〜い蜜も朝日でダイヤモンドのように光ります。

母からもらった鉢植えには、棘が痛いサボテンもありました。
サボテンの花は毎年ではなく、時々咲いていました。
咲くと大きなお花がとても良い香りを放ちました。
母が亡くなる一か月前、それまでもうあまり咲かなくなったそのサボテンが大きな花を咲かせました。
そして、不思議なコトにそのまま枯れてしまいました。
母と一緒にいってしまったような…そんな感じがしました。

今、咲いている花を愛でるシアワセ。
母から受け継いでいるような気がします。

大きな糸まき

CASICA さんで買った大きな糸まき先日、CASICA さんにmitsukoji さんのジャムを買いに寄ったのですが、残念ながら売り切れ。
せっかくなので、お店を見ていると「コレなんだろな?」と思ったモノが山積みにされていました。
よく見ると、ひとつひとつ微妙に大きさもカタチも違って、古いモノだというコトだけはわかりました。
墨で字が書いてあるけど、それが何かはわかりませんでした。
でも「あ!我が家のじゃがいもを入れてるカゴの台になりそう!」とピンっときました。
じゃがいもを入れてるカゴは、床にそのまま置いていて何か台があるといいなぁと思っていました。
で、お店の方に聞いてみました。
すると明治から大正かけて、製糸工場で繭を絹糸にしていく過程で使っていた糸まきなんだそう。
「あ!野麦峠みたいな?」と聞くとアラサーぐらいのその方は「え?え?なんですか?」とナンノコッチャ?みたいな表情。
ワタシは学校でこの映画観ました。
知らないでしょうネ〜「昔そういう映画あったんです」って適当にゴマかしました(笑)
古いけどまだまだ使えそうなしっかりしたモノだったので一つ頂いてきました。
価格もジャムよりお安かった。
思った通りぴったり。
横向きにするとワインなどの瓶も置けるらしいです。
梅干しや味噌の隣でいい感じです。

本日のブーケ

本日のブーケはパンジーとウツギ水曜日の強風電車遅延。
左肩にカバン、左手にももう一つのカバンを持ってずっと電車で立ってたせいで、翌日左腰から肩、肩から頭にズズズーンときて頭痛になりました。
一度頭痛になると3日くらいツライ…。
仕方なくお薬飲んでしのぎ、お仕事ガンバりました。
金曜日、予約していたサロンへ行って髪をカット。
もう15年以上切ってくださってるFさん。
いつも若い方がシャンプーのあとマッサージしてくださるのですが、今回初めてFさんに肩をマッサージしてもらいました。
すると、短い時間でしたが肩が温かくなって少しずつ頭痛が治りました。
ボク、マッサージ得意じゃないんですヨ…っておっしゃってたけど、ゴッドハンドじゃない?
ホント、ウレシいです。
今朝はもう全然痛くありません。

今日は何もお花がないので、ベランダで咲いているパンジーとウツギを切ってお部屋を飾ります。
また、明日は嵐だって予報なので、柔らかい葉の鉢は玄関に避難。
いい加減に春の嵐はおしまいにしてほしい。

強風の一日

今日はタケノコと牛肉の山椒炒め今日は朝から強風で、チョット嫌な予感がしていました。
その予感的中!お仕事帰りの電車が止まり、混み混みだわ!暑いわ!なかなか着かないわ!
車掌さん謝ってたけど、強風だから仕方ない…。
足がパンパンにむくんで、チカレました…。

今日はお昼を食べてからお仕事へ。
旬のタケノコと牛肉と山椒の実の炒めモノ。
タケノコはこのレシピが一番好きです。
甘辛にしてもイイのですが、今日は牛肉とタケノコの薄切りを炒めてから、山椒の実、顆粒だしをパラっとかけてお酒とお醤油の甘くないお味。
これ、チョット京都っぽい。
それと急に食べたくなったちくわの磯辺揚げ。
作り置きおかずとともに、じぃも食べてくれました。

しゅわしゅわグラス

花粉症はしゅわしゅわしたもんが飲みたくなりますスギの花粉は落ち着いてきたらしいですが、ヒノキが真っ只中。
そしてワタシはスギ、ヒノキ、イネ科の雑草もアレルギーなので、これからも花粉症は続きます。
そもそも、花粉症発症したのはゴールデンウィークでした…。
洗濯物も外に干せません。
ツライのは、朝起きると鼻が詰まってノドがガサガサです。
だから、しゅわしゅわする飲み物が気持ちいいぃ〜。

蠣崎マコトさんの美しいしゅわしゅわグラス。
横浜のヨリフネさんで展覧会があった時、拝見しました。
で、今東京ミッドタウン日比谷三階、HIBIYA CENTRAL MARKET Libraryさんに蠣崎さんの作品が並んでいます。
オープン間もない、ミッドタウン日比谷はスゴイヒト!
平日のなに、エスカレーターはぐるーり一周回らないと乗れません。
とりあえずお目当てのLibraryさんで蠣崎さんのグラスを買って、あとはチラッとチラッと見ただけで退散してきました。
人混みニガテ、GINZA SIXのオープン時と同じようです。
B1のカスタードアップルパイはとてもイイ香りがしたので買って帰りたかったけど、30分待ちだったので泣く泣く諦めました。
少し落ち着いてから買おう〜。

ヨリフネさんで拝見した、蠣崎マコトさんのガラスはどれも洗練されたステキな作品ばかりでした。
ホント「洗練された」という言葉がピッタリ。
フフフ〜語彙が乏しいので、他に思い浮かぶ言葉がなくてうまく表現できない(笑)
とても美しいです。
やっぱり言葉知らずダァー。
ちなみにジンジャエールを飲んでます。

厚焼きたまごサンド

厚焼きたまごサンドは最近のお気に入り最近、厚焼きたまごサンドをよく食べます。
もちろん買ってきて食べるコトが多いのですが、今日はジブンで作りました。
関東の厚焼きたまごは必ず甘い。
実はそれがニガテでした。
それでも関東在住16年、甘い厚焼きたまごはそんなもんという認識が出来て、それはそれで美味しいと思うようになってきました。
でも、ジブンで作る時は出汁の効いた甘ない厚焼きたまごです。
マスタードマヨネーズを少しとスライスチーズも一緒にはさんでいます。
サラダはセルバチコとミニトマトの優糖星。
優糖星って名前、チョット笑いました。
果物か!と思うくらい甘くて美味しいです。

具が分厚いサンドイッチを盛る器は、箱のように高さがあるほうが崩れませんネ。
今日は、富井貴志さんのブレッドバスケットに。
カツサンドとかもイイですネ〜。
カトラリーレストは安藤雅信さんと皆川明さんの金のchouchoの模様、お気に入りです。

浅漬け2種

間引きキュウリとカブの浅漬け地元の八百屋さんはホント、イロイロな種類のお野菜を安く売っています。
昨日、間引きキュウリとかセルバチコ(ルッコラの仲間?お味は似ていて、カタチは菊菜みたいな菜っ葉)カブ、クレソン他を買ってきました。
間引きキュウリはパリパリ漬けに、カブは白ごはんさんのレシピで甘酢漬けにしました。
ホント、間引きキュウリ好きです〜美味しい!
ごはんのお供にパリパリ、ポリポリ楽しみですヨ〜。

クレソンのお粥

今日はお粥を頂いて胃腸をいたわります年度末(3月)結構ガンバッた割に疲れないなぁ〜ワタシ体力あるわぁ〜なんて思ってましたら、終わった途端になぜか胃腸の調子がよろしくありません。
時々、胃がキューと痛くなったり、お口にプツっと痛いのが出来たり…。
花粉症も毎日ツライ。

そんな状態なので、3分クッキングで紹介してたお粥を作りました。
イロイロ入ってますから栄養満点です。
ショウガとニンニク、玉ねぎをみじん切りで炒めて、しいたけ、ニンジンもたくさん入れてお米とだし汁7カップでグツグツ30分。
出汁は煮干出汁のレシピでしたが、鶏ハム作った時のスープがあったのでそれを入れました。
最後にクレソンと卵黄をいれて出来上がり!
ホントは菜の花を入れるレシピでしたが、近所の八百屋さんでクレソン見つけました。
クレソンのシャリシャリした食感とチョット苦いお味が大好きです。

伊藤環さんの枯淡釉鉢、加藤かずみさんのレンゲ、高島大樹さんの粉引輪花楕円豆皿。
お鍋はルクさんの18cmジャポネーズ、鍋焼きうどんなどもちょうど一人前でいいサイズです。

年度末ハイだったんでしょうか(笑)
新年度も始まりましたネ。
新しい環境の方も無理せずボチボチ行きましょう。
ハイ、地道にガンバります。

それにしても風、強すぎてもう腹が立ってきました。
せっかく新芽が出てきた樹々がかわいそう。
いい加減にしてほしい!って誰に怒っているのやら。

さて何の花でしょう?

ワタシも今年初めて見ましたワタシも初めて見ました。
実は味噌作りのワークショップの時、ギャラリーらふとさんで頂いたひと枝に小さなツボミのようなモノがついていました。
これってツボミでしょうか?って話してて調べてもらったらやはりツボミ。
へぇ〜花咲くんですネ!とお話ししていました。
我がアパートの植栽にもその木があります。
よく見ると寒い時季からツボミがついていたので、いつ咲くかなぁと楽しみにしていました。
さーて、何の花でしょう?

ヒント : 葉っぱはスープに入れると香りがして美味しくなります。
そうローリエ月桂樹です。
調べるとこれは男の子の木。
銀杏のように雌雄があるみたいです。
ギリシャ神話にも出てくる昔からある植物。
黄色いカワイイお花はいいカホリです。


TOP