モノコト

日々のものこと

ハーブをたのしむ絵本

大野八生さんの絵本「ハーブをたのしむ絵本」大野八生さんの「ハーブをたのしむ絵本」
子供向けと言うより、オトナが読んでたのしい絵本です。
もちろん、漢字はルビがふってあるのでお子さんもジブンで読めます。
お母さんと一緒に読んで、お家にあるハーブでお料理してみる…そんなコトが出来そうですネ。
ハーブのコト、イロイロ知ってるつもりでしたが、とても勉強になりました。

大野さんの絵がステキ!大好きです。
このページは主人公の女の子のおばあちゃんのお台所。
こんなお台所、憧れです。

菌活始めました。

甘酒とヨーグルト食べてます花粉症ってコトもあって、ヨーグルトを食べてます。
甘酒も好きなので飲んでます。
菌活って言っても、糠漬けも前から食べてますけど…。
お腹は小さい頃から弱いので、今も何かあると相変わらずよく壊してます(涙)
気分的な原因が多々あるようです。
菌活効果があるか?ないか?わからないけど、美味しいので食べてます(笑)

茶の箱展

赤木明登さんの茶の箱展今日、お仕事帰りに先日届いたご案内の茶の箱展に伺いました。
思文閣銀座さんはステキなガラスの引き戸の入り口で、銀座とは思えないくらい静かで落ち着くギャラリーでした。
12個の茶の箱、それはそれは一つ一つステキで、茶入れ、茶碗、お仕覆、振出、お菓子入れ…他。
それが12パターンあるのです。
例えばお茶碗は内田鋼一さん、金属の茶杓は竹俣勇一さん、お仕覆(布)は真木香さん、そして箱や茶入れ、お菓子入れなどの塗りモノは赤木さんというような方々が作られた品々が組み合わさっています。
ギャラリーの方が、赤木さんのこだわりやかかっていたお軸の説明もしてくださいました。
思文閣さんのお軸、利休さんや光悦さんの書でした。
さすが表装もステキでした。

ホント赤木さんの茶の箱は使える美術品。
拝見しただけで充分でした。
茶道を知らない方もきっと素晴らしさはわかると思います。
3月12日まで、オススメです。

いちご甘酒

甘酒やっと作れました先日も書きましたが、米麹がどこのスーパーマーケットにも売ってない!
なんで?みんなお味噌作るのに買い占めたのかしらん!と思っていました。
先日、丸の内デートした時に福光屋さんでお友達が米麹を買ってたのを思い出しました。
それで、福光屋さんに寄って買ってきましたヨ〜。
なんでも甘酒ブームで米麹が売り切れだそう。

我が家もやっとヨーグルトメーカーで甘酒作れました。
炊飯器がないので甘酒を作る時は湯煎で作ってましたが、温度を60℃に保つのに結構大変でした。
ヨーグルトメーカーは、セットしたら放っておいても良いので便利です。

今日は豆乳といちごを入れてみました。
和風のスムージーですナ。
美味しいです♡
色もカワイイでしょ〜。

福光屋で買ってきた、金沢しら井さんの「玉藻(たまも)」という塩昆布。
山椒のお味がホンノリして、これは昆布好きのワタシの好物になりました。
お茶に5粒くらい入れると、昆布茶風になって最後にふやけた昆布が二度美味しい!
オススメです。

鹿児島睦さんのLetter set

鹿児島睦さんのZUAN&ZOKEIのレターセット鹿児島睦さんのZUAN&ZOKEIと文具・雑貨メーカーのHIGHTIDE(ハイタイド)さんのコラボレーションspecial goodsのレターセットです。
昨日、頂いたのです。
こんなカワイイ♡レターセットがあるなんて、知りませんでした。
ホント、ウレシすぎます!

でも、もったいなくて使えそうにありません(笑)
大切な方にこれでお手紙書きますネ。
ありがとうございました。

今日も今日とて

ワンパターンだけど…今日も今日とて、ワンパターンお弁当です。
たまには切り口が美しい肉巻きとかお花のカタチのにんじんとか、ココロのこもったカワイイお弁当にも憧れますが…。
ワタシのお弁当は、だいたいいつも茶色のオカズばかり。
まぁジブンが食べるだけですから。

と言いながらも、一度そんなお弁当も作ってみたい!

ミモザのリース

材料費は280円我が家のミモザは去年かなり刈り込んだので、今年はたくさん花をつけませんでした。
野菜直売所でミモザを見つけました。
280円〜。
自己流でクルッとリース。
でけました。
黄色はやっぱり春らしい。

金柑ジャム

金柑ジャムを煮る朝お散歩に出た時は、穏やかな青空。
ホントに嵐になるのぉ?と思っていましたが、時間が経つにつれ風が強くなり突風が吹き始めました。
黒い雲がとても早いペースで流れてきて、今にも雨が降りそうな気配。
うぅ〜ん!やっぱり予報通り。
ジェットコースター天気、夜には雨が結構降りました。
そしたら、気温が下がってさぶっ!
また、ミモザはリビングに避難しました。
三寒四温も激しすぎ!

野菜直売所で買った金柑、袋いっぱい入っていました。
ヨーグルトメーカーで作ってるヨーグルトに入れたい!
それじゃあというコトで、金柑ジャムを煮るコトに…。
キッチンが甘いイイカホリ。
明日からヨーグルトに入れて食べようっと〜。

美しいもの

富井貴志さんの白漆リム皿去年桃居さんで拝見した富井貴志さんの白漆リム皿。
昨日からヒナタノオトさんで展覧会が始まりました。
何を思い違いしたのか、桃居さんの展覧会は年末だったと思い込んでおりました。
ジブンのブログを見ても、夏ですネ(笑)
もう記憶力の衰えがコワイ…。

富井さんの作品はどれもモダンでカッコイイ!
2月26日(日)までです。
赤木明登さんの展覧会のご案内赤木明登さんの展覧会のご案内も届きました。
2月18日(日)〜3月5日(日) ぬりもの展 matkaさんにて
2月25日(土)〜3月12日(日) 茶の箱展 思文閣銀座さんにて
茶の箱展は、ホント毎回ステキです。
出来たら目の保養に伺いたいです!

地元の名物

地元の名物 やき蛤大阪からこちらに引っ越して、もう15年くらい経つのに初めて食べました。
先日、タモリさんの街歩きの番組で、浦安でも同じ食べモノを紹介されていました。
昔は、東京湾でアサリやハマグリがワンサカ獲れたようですネ。

やき蛤の大坂屋さんのやき蛤、やき浅利、すずめ焼き、鬼がら焼き 他…。
ちゃんとオバちゃんに聞いたのだけど忘れちゃいました(笑)
海老もお魚も大きいモノから小さいモノへグラデーションで刺してあるのに感心しました。
さすが日本人の職人さんですネ。
お味は関東の佃煮、しっかりとした濃いめの味づけです。
やっぱり看板のやき蛤が一番カナ。
いくらでも食べられそうです。
お酒の肴ですネ〜。

春一番

春一番吹きました西寄りの南風、春一番が吹きました。
モノスゴイ風です。
そうなるとベランダのミモザが必ず倒れる…。
なので早めに避難させました。
ももとお散歩に出ると、突風が何度も吹いてワタシですらヨロケるくらい。
明日はまた気温が下がって、ジェットコースターみたいな気温の変化。
体調を崩さないように気をつけなくちゃ。

22時過ぎ、昆布を炊く

昆布の佃煮を炊く夕方ももと散歩しながら、ナゼか母がよく炊いていた昆布の佃煮を思い出しました。
ちょうど、出汁をひいた昆布を冷凍して集めていたので22時過ぎから炊き始めました。
確か…酢が入ってたなぁ〜と思い出し入れてみました。
お味は近いですが、やっぱり出がらしの昆布。
まあまあってとこでしょうか…。
母はネ…羅臼昆布をそのまま使ってました。
昆布がスゴイぶ厚かったです。
「やっぱりエエ昆布は高いけど美味しいナ」と言ってたネ。
今度いっぺん、エエ昆布で作ってみようか…。

ヒヨドリさん、その後

ヒヨドリさん 遊びにキテ〜まだまだ寒い日がありますが、ベランダの花がイロイロ咲き始めました。
去年買った黄色のミニ水仙ティタティタ。
今年もちゃんと咲きました。

先日、ベランダのローズマリーの花を食べに来たヒヨドリさん、その後今度はお友達と二羽でやって来てローズマリーだけでなくミモザやパンジーのお花も食べてました。
それならとミカンを置きましたが、それからはやって来ません。
もしかしたら…ワタシがいない時に黒いヤツが追い払ったのでしょうか。
ミカンを置いてから3日。
もうやって来ないのかなぁ〜。

バレンタインデーの朝

バレンタインデーの朝はもりのにわさんのチョコクロ昨日届いたもりのにわさんのパンの箱。
バレンタインデーの朝なので、チョコクロワッサンを頂くコトにしました。
ひとくち頂いて「あ!いつもと違う。柑橘が入ってる。美味しい〜」
今回は無農薬の柚子ジャムが入っているチョコクロワッサンらしいです。
ミカン星人の好きなお味。
無農薬国産ネーブルのオランジェットとアマンドショコラも頂いてシアワセな朝です。

青い花

ブルースターは思い出の花青い花ってなかなかないですヨネ。
だいたい紫がかっている花がほとんど。
でも「ブルースター」はホントにブルー。

ワタシたちの結婚式ブーケを作ってくださった花屋さんが、somethingblueにこの花を入れてくださった思い出の花。
花言葉は「信じ合う心」「幸福な愛」らしいですヨ。
ナルホド〜忘れちゃあいけないネ…(笑)


TOP