モノコト

日々のものこと

絵本の世界第二弾

絵本の世界第二弾「はらぺこあおむし」喪中ハガキも終わり、今年は余裕ある12月のような気がします。
最近、いろんな用事で郵便局に行きます。
そこで見つかった絵本の世界の第二弾「はらぺこあおむし」の切手。
第一弾の「きんぎょがにげた」もカワイかったしネ!
この切手、あおむしの食べた跡に穴が開いてるんですヨ〜。
ふみの日の切手もカワイイ♡ふみの日の切手もツボでした。
トリちゃんモチーフに弱いなぁ〜。

Winter Snow Garden

石木文さんのうつわとかなパンさんのフルーツサンドもうずいぶん前から楽しみにしていた「Winter Snow Garden 石木文のうつわとフルーツサンドの会」
とうとう今日が来てしまいました。
カワイイ石木さんのうつわでカナパンさんのフルーツサンドを頂く。
夢のようなひと時です。

昨日はじぃの病院で2時間あまり椅子に座って待ってチカれた…。
でも、今日は英気を養い元気モリモリです。

1時間くらいでしたが、リフレッシュできました。
contesさんのランプシェード。
石木文さんの虫喰いランプとオカベマキコさんのしゃぼんランプ。
ステキなコラボだぁ〜。

朱色のキツネちゃん

工房からの風でお迎えしたキツネちゃん秋の「工房からの風」でお迎えした坂本友希さんのキツネちゃん。
鮮やかですが、民話の絵本のようなイロが独特です。
あれこれ考えた末、とりあえず籠の上にかぶせてみました。
ただ、稲垣尚友さんのカッコいい籠は持ち手しか見えませんが…。
ここだと毎日キツネちゃんが見えて、キニイッてます〜。

ドナ・ウィルソンさんの人形

ドナ・ウィルソンさんのニットの人形以前から知ってました。
鹿児島睦さんのコラボ作品の時もとてもキニナッておりました。
おもしろいなぁ〜。
そのカタチ、イロ、表情がとても個性的。
イギリス ドナ・ウィルソンさんのニットの人形です。
で、先日新宿伊勢丹さんへ全く別の用事で行って、目が合って「ボク連れて帰ってヨ〜」と言われたような、そんな気がして連れて帰ってきました。

ももに見せたらそれまでベットで寝てたのに急に興味を持ってきました。
このままだと奪われて、餌食になりそうなので返して頂きました(笑)

ナンダカネ〜目がネ〜好きです。
シマリスちゃん♡
このコ、チップムンクのチャックってお名前らしい。
「ハイ!僕はチャック。ドーナッツが大好きなんだ。あと、ここだけの話にしてほしいんだけど、実は風船が恐いんだ。」ですって。
手が極端に短くて、シッポが大きい。
なので、自立します。
ももにとられないように、高い場所へ。

ひと枝

野ばらの実ってこんなカワイイなんて昨日ikanikaさんで、購入した赤い実の枝。
カワイイなぁ〜と思って一本でも雰囲気ある枝ぶりのモノをとお願いしたら「これがいいんじゃない?」と平井かずみさんが選んでくださいました。
何の実カナ?と伺ったら野ばらの実なんですって。
イイ枝ぶりでしょう!おもしろい!
と言うか、なんでこんな風に伸びたのぉ〜って感じカナ。
先っぽに緑の葉がついてるのもよい。
この枝長いので、混み混み電車の中でお兄さんのお尻を知らずにさしてました(笑)
ブルーアイスとローリエこれは別のお店でしたが、お店の名前をちゃんと見ませんでした。
ごめんなさい。
ブルーアイスはどこのお店もありましたが、一番たくさん美しいブルーアイスを置いてたお店でした。
そこに立つととてもイイカホリ。
ヒムロスギもイイカホリで黄色味がかった明るいグリーンがステキですが、ワタシは白っぽくて青みがかったこのブルーアイスが好きです。
カッコイイですネ。
ローリエのひと枝で、濃淡のコントラストがなかなかです。

今年はもうこれでおしまい。
ツリーも飾らない。

ふき寄せ

小倉山荘さんのふき寄せ 恋しかるらむ叔母が送ってくれた京都長岡京 小倉山荘さんのおせんべい缶。
その中でイロイロ入っている、ふき寄せ「恋しかるらむ」です。
玉子せんべいやら豆菓子やら小さなカワイイおせんべいやら、お味もイロもカタチも全部違って、まるで宝石箱や〜!って感じです。
小倉山荘さんのおせんべいの中で一番好きなのは「嵯峨乃焼き」という甘醤油のおせんべい。
細かい海苔とのお味が絶妙です。

カッコよくてカワイイ♡

contesさんオリジナルのプレート カッコかわいい♡contesさんの白い包みのクッションシートに黒いテープが貼ってあったのは、石木文さんのプレートのこの模様が黒だから。
白に黒のこの模様。
白は温かみのある白。
かっこよくて、カワイイです。

TE HANDELさんの抹茶ケーキとブレンドティー。
ケーキの抹茶が濃厚なので、黒いヤツはあげられないネ。
お茶はNorden Lightsというブレンドティー。
玉緑茶にレモン、レモングラス、ラベンダー、ミント、ベルガモット。
スッキリさわやかなお茶で、アイスが美味しいです。

TE HANDELさんの紅茶缶

TE HANDELさんと鹿児島睦さんのコラボ缶TE HANDELさんのブレンドティーはヒナタさんやティンバーヤードさんなどで見かけたコトがあったのですが、一度も飲んだコトがありませんでした。
香りのついた紅茶にあまり慣れていないから…うぅ〜ん、たぶんそうだと思います。

今、松屋銀座7Fで「TE HANDELの仕事展 -ドットから広がる世界ー」が催されています。
TE HANDELさんのブレンドティーと鹿児島睦さんデザインの紅茶箱や紅茶缶。
これはチョット見に行かなくちゃ〜と寄ってみました。
紅茶箱も紅茶缶もさすがカワイイ♡
でもネ〜ワタシ、箱はきっとナニも使えず…になってしまいそうなのでやめました。
白い紅茶缶には、Gamle Stan(ガムラスタン)いちご、ワイルドベリーリーフ、マンダリン、さくらんぼ、アザミのブレンドティー。
甘いカホリですが、飲むと落ち着いたお味でミルクティーにしても美味しいです。
缶は他にも赤や黒、ブリキにプリントしてあるのとか、どれもカワイイので迷う迷う(笑)
それぞれ違うブレンドティーが入っています。
やっぱり白好きで白を選ぶ。
遊びのない、つまらない選択…。

もりのにわさんの生姜塩クッキーとともに、カラダに優しい3時のおやつです。

風でお迎えしたモノ

大野七実さんのワークショップで作った蓋モノ毎回「工房からの風」に行くとほしいモノがたくさんで困ります。
でも、先日蠣崎さんの個展にも行ったのでグッと我慢して(笑)
やっぱり坂本友希さんのキツネちゃんは、キニナッて最後に寄って連れて帰ってきました。
色遣いも勉強になります。
昨日工房からの風でお迎えしたキツネちゃんそして大野七実さんのワークショップで作った蓋モノ。
ノープランだっし、ほとんど手伝ってもらったし、その上幼稚な鳥ちゃんだったですが、七実さんが丁寧に仕上げてくださったのでステキになってました。
中は光沢ある釉薬を塗ってあり、フタはキチンと閉まる様になっていて、きっとお時間とらせたんだろうなぁと〜と思いました。
ありがとうございました、七実さん。
やはり七実さんの器のテクスチャーが好きです。
大切にします。
でも、なかなかうまく作れなかったコトを時々思い出しちゃうナ(笑)

blue bird

青い鳥のスノーグローブ 昨日からもうクリスマスの飾りが並んだ新宿伊勢丹さん。
そんなご案内のハガキが届いたので、お仕事前にチョコっと寄ってみました。
毎年一つ、ドイツのシュバイツァー工房の冬のもみの木を購入しておりました。
でも、ほとんど揃ってきました。
もう終了カナ…と思って、イイノナホさんのシャンデリアやブランケットが置いてあるコーナーをのぞくと…。
スノーグローブ(スノードームは英語でそう言うそうです)が並んでいました。
1900年からスノーグローブ作っているオーストリアのヴィエナ社製のモノ。
スノードームって冬やクリスマスのイメージでしたが、そうじゃないモノもあるんですネ。
イイノナホさん×ヴィエナ社のスノーグローブワタシ、スノードームってオモチャっぽくて、何がイイのかよくわかりませんでした。
それが、ヴィエナのスノードームは雪がすごくてとても長い間降り続けます。
それにドームがガラス(当たり前かもしれませんが)オモチャみたいではないのです。
シアワセのモチーフ、青い鳥がとてもキュートでジブンのお誕生日にと思いました。
この青い鳥(ブルーバード)は3タイプ。
ナント!イイノナホさんのデザインだったのです。
picは目がハッキリしませんが、細かくちゃんと作ってあります。
また同じモノでも微妙に違い、一つとして同じモノは無いそうです。
この鳥ちゃんたちはお話してるみたいですが、チューしてるのもありました。
職人さん、お茶目!
中のお水はアルプスのお水だそう。
と言うコトで、初めてスノードームが我が家にやってきました。
時々雪が降っています。

ケメックスでコーヒーの時間

ケメックスでコーヒー淹れて涼しくなって、朝だけでなくオヤツの時間も温かいコーヒーを淹れたくなります。
何度か書きましたが、我が家のケメ子さんはオリジナルを三谷龍二さんの持ち手に変えています。
そして、今年保温のために手作りのコーヒーコゼーをつけるコトにしてみました。
え?ワタシが作ったのではないですヨ。
こんなカワイイコゼー、作れたらイイですヨネ〜。
手作りお品を購入できるサイトでお願いしました。
コーヒー豆の模様がとてもケメ子さんに合ってます。

今日は、土曜日に一足先に頂いた今年の「工房からの風」のご案内を見ながら、コーヒーを頂きました。
10月はお仕事も忙しいですが、毎年「工房からの風」がとても楽しみです。
早く10月にならないカナ〜。

秋のチャーム

カワイイどんぐり!ワークショップの完成品は「工房からの風」で頂きます。
それで昨日は、持ち帰るモノがないからと七実さんがお土産の袋をくださいました。
なんて優しいお心遣い!
中を開けると陶製のチャーミングなお品が入っていました。
きのこや落ち葉、ワタシのはどんぐり!
とてもウレシいです〜。

美味しそうなどんぐりさんとレオニダスさんのチョコレートと並べてみました。
マッシュルームのチョコは限定らしいです。
涼しくなるとチョコレートの季節ですネ。
もちろんお皿は大野七実さんのシュトーレン皿。
クリスマスだけでなく、普段にもよく登場する働き者です。

ちっさいモノ好き

ちっさいカワイイモノ好きです今の季節、野菜直売所に行くとオクラは必ず探してちっさいモノを買ってきます。
今日もどれを買うか考えてる方ががいらして、ワタシがちっさいのを選ぶと「エェ?」と言った表情で見られました。
この終りかけのエンピツみたいな短いちっさいオクラは、スーパーマーケットでは売ってない、柔らかいけどフニャフニャではなく、歯ごたえのある美味しいオクラなんです。
軽く茹でて、100ccのお出汁、薄口醤油小さじ1/2、柚子胡椒少々におひたしにします。

ママゴトみたいなカラフルなちっさいパプリカは、もうカワイイから買いました。
そのまま食べたら、甘い!
ピクルスにしました。

いちじくはノーマル色と緑色のちっさいモノ。
フィグのコンフィチュール…(笑)いちじくジャムです。
レモンとすだちも入れました。

やっぱり今の季節、野菜も果物もイロイロ楽しいナ〜。

contesさんへ行く

コンテスさんのランチ千葉稲毛にあるグリスーリさんが7月7日にオープンされたカフェ、contes(コンテス)さん
当初ワタシ、オーナーの里奈さんのお友達のカフェなのかと勘違いしておりました。
コンテスさん、何がスゴイって何もかもが全力投球なのです。
カフェの内装からテーブルや椅子などの家具、うつわにランプシェード、そしてお料理やコーヒー、ティーetc…。
どれもこれもこだわってらっしゃいます。
特にうつわはもう目がハート♡
このキッシュとミートローフのプレートは井山三希子さんのモノ。
スィーツも美味しいデザートは桃のシャーベット。
桃とクリームチーズのアイスです。
そしてこのプレートは石木文さんのモノ。
もちろんコンテスさんのために作られたうつわ、大人っぽいのにカワイイ♡

お料理はいろんなお野菜が入っていて、丁寧に作ってらっしゃるコトがよくわかります。
素材のお味をいかした味つけがとても美味しい!
そして、温かな感じの優しいお店のスタッフ、細やかお気遣いがウレシいです。

オカベマキコさんのシャボンライブ入り口の階段上のランプシェードは、オカベマキコさんのシャボンランプ。
我が家の照明計画のために買った、カーサブルータスの「照明上手」の号でに載ってておぉ!カワイイと思っておりました。
コンテスさんにピッタリ〜お店の中にも三つあります。
もう里奈さんのセレクトは、どれもこれもステキすぎじゃ〜!
今度はお友達と一緒に伺いたいと思っています。
こんなカフェができて、ウレシい!
うつわ女子はぜひ!

開化堂とミナペルホネン

開化堂さんの茶筒にミナさんのカワイイ絵普段飲む紅茶のティーパックを入れるモノがなく、お菓子の入っていた缶に入れてました。
それでもヨカッたのですが、ミナペルホネンpiece, Tokyoさんに行ったらガラスケースに並んでいました。
もう可愛くて可愛くて…お迎えしてしまいました。
開化堂さんとミナさんのコラボレーションの茶筒です。
遠目で見るとこの模様はほとんど見えませんが、よく見ると細やかな細工でカワイイくじゃくが2羽とchoucho です。
ハートも隠れています。
さすが!ミナさん、開化堂さん。

開化堂さんの茶筒はずっと前から知ってはいました。
でも、茶筒は足りていたので気に留めてなかったのですが、今回紅茶入れがなかったコトとあまりにミナさんデザインがステキで琴線に触れ、お迎えするに至りました。
銅製、真鍮製がありましたが、これは銅製。
ご存知の通り、時間経過とともに色の変化が楽しめます。
銅製はカンタンに言うと10円玉のような色になっていくそうです。
今はピカピカですが経年変化が楽しみな茶筒。
果たして、くじゃくちゃんとchouchoはどのようになるかも楽しみです。


TOP