モノコト

日々のものこと

いつか…いつか…。

七実さんの鳥ちゃん陶芸家の大野七実さん、春に展覧会しますと伺っていました。
いよいよ春、今週水曜日に頂いたカード「大野七実 うつわ なないろ」
自由学園明日館での展示がまたステキ♡だなぁ〜と眺めておりました。
でも、次の日からの自粛の強化の報道に正直心配しておりました。
そして昨日、延期のお知らせ…。
いつか…いつか…。
みんなが安心して行けるその日が来るまで、楽しみ待っているコトにします!
追記
写真変えました。
ブルーベリーのお花とミントです。

ミモザのカホリ

三角葉アカシアの花、いいカホリなんです三角葉アカシアの花、今年咲いたのはこれで全部です。
ベランダで咲いているより、ずっと見えるからと部屋に飾りました。
そしたらネ…ベランダでは気づかなかったのですが、とてもいいカホリがします。
香りスミレ(スイートバイオレット)に似たステキなカホリ!
昔読んだ池田理代子さんの「オルフェウスの窓」に出てくるミモザの香りってコレのことかしらって想像したりして…。
来年はもっとたくさん咲いてくれるとイイのだけれど…。

ミモザを挿しているのは、30年前に飲んだロゼのシャンパンの瓶。
エミールガレのデザインで手描きのアネモネの花が施されています。
このシャンパンの瓶にはエピソードがあるのですが、またそれは別の機会に…。

花冷え

桜は満開なのにネ…。サクラは満開、日に日に暖かくなってきました。
が、ナンダカやっぱりウレシくありません。
小鳥が鳴き、花々が咲いても晴れやかなキモチにはなれないですヨネ。
早く心配ごとがなくなるコトを心から願って…。

花を飾って

ベランダの花を飾ってだんだんコロナ疲れが出てきましたヨネ…。
いくらお家が好きなワタシでも、ずっといるとたまには出かけたいと思ってしまいます。
食材や生活用品の買い物さえ空いてる早い時間に行って、出来るだけサッサと済ませて帰るようにしています。
もものお散歩は、なかなかのリフレッシュです。
そして花を飾って気分転換しています。
ドライになったミモザはドームに入れて、義父母の写真の前にはフリルのパンジーを飾りました。
ベランダのお花でも、飾ってみるとイイ感じです。

なごり雪

三角葉のミモザも咲き始めました今日は雨が降ってどんどん気温が下がっていきました。
そのうち雨が雪になり、息が白いくらい。
なごり雪の〜♪とまた歌ってしまいました(笑)
それでも公園のオオシマザクラも我が家の三角葉のミモザも咲き始めました。
三角葉のミモザちゃん、カワイイ♡
たくさんは咲いてませんが、今年は咲いてくれてありがとう!というキモチです。
靖国神社のソメイヨシノも開花宣言。
春はもうそこにやってきています。

藤原千鶴さんのルームシューズ

お仕事で履いているルームシューズ新型コロナの影響で、お仕事が全部お休みになりました。
じぃのお風呂介助や病院の付き添いもなくなり、びっくりするほど急にたくさんの時間ができました。
そこで、日頃したいなぁ〜と思ってたコトをしています。

ひとつは年末にできなかった我が家の大掃除。
フィルターというフィルターを全部洗ったり、窓を拭いたり。
まだまだそれは続きます。
もうひとつは、バラバラにただ書きためているレシピノートのまとめ。
ただ、字を長時間書き続けると肩が凝ったり、指が痛くなったりと日頃字を書かなくなったせいで結構続かない。
なので、これはボチボチと進めます。
もちろん4月からのお仕事の計画もやらなきゃネ。
それはチョット後回しになっています。
もものベットカバーも作りたいけど、あったはずの布が見当たりません。
あれ?どっかに仕舞ったんですヨ。
それが、どこ行っちゃったかわかんない行方不明!
ナニそれ!探します(笑)

そして藤原千鶴さんのルームシューズ。
仕事場で履いています。
天気のイイ日に洗いました。
長く履いているので、ジブンで修理しています。
ブッキーなのであまり上手に直せてないですが、愛着もって履いています。

3.11

あれから9年経ったのですネ…今年は新型コロナ感染拡大の中、3.11がやってきました。
キモチはざわざわ、ガサガサしています。
当時の映像が流れると「あぁ〜そうだった!」と涙が出て、その瞬間に戻ったような感じがしました。
駅で知らないおばあさんに腕を掴まれて、揺れが収まるまで踏ん張っていました。
9年経って、ずいぶん前のような気もするし、怖かった思いはすぐに蘇ったりします。
今は新型コロナの不安が広がっていますが、地震もいつ来てもおかしくないんですヨネ。
一応食器棚の地震対策は終わりましたが、それは逃げるための時間稼ぎ。
ホントにまたやってきたら、どうなるんだろう…って思います。
ジブンにできる備えを自宅時間がたくさんある今、もう一度見直したいと思っています。

春のセンバツが中止になりました。
そんなに高校野球が好きってワケではないですが、それでも残念で仕方ありません。
だって、それを目標にしてガンバったコたちが夢が叶って甲子園に出場できると思っていたんですから…。
その心中を察するに余りあります。
ワタシなら暴れて倒れて泣き叫びますヨ!
出場するはずだった高校の監督さんや選手のインタビューに、またまた驚きました。
甲子園に出場するくらいの人たちは、やっぱりすごいなぁって思いました。
ホント早く新型コロナ、終息してほしい!

ミモザの日

今日はミモザの日今日はミモザの日なんだそう。
我が家のミモザは3種類。
お花屋さんでも一番よく見かける銀葉アカシア。
三角葉ののモノ、そして豆のような葉っぱのパールアカシア。
一番立派に大きくなった、銀葉アカシアはもう花が終わりに近づいています。
今年初めて花芽をつけた三角葉アカシアは、写真のようにまだ咲いていません。
そしてパールアカシアは新参者なので、今年はキレイな葉っぱだけ茂らせています。
ミモザってカワイイですけど、意外に強い!
我が家の暑いベランダでも、枯れずにいつもキレイな葉を茂らせいます。
パールアカシアはカオリがするらしく、それが楽しみ!
来年は咲かせてくれるでしょうか。

作り手と結ぶ庭

水曜日から始まるヒナタノオトさんの展示このご案内が届いてから、ずっとテーブルに置いて大野八生さんの絵を眺めています。
あ!ハナミズキ!矢車草!ラベンダー!
春に咲く花が一斉に咲いています。
本来なら楽しみな春の到来。
でも、今年はなかなかそうはいかないですネ。
それでも伊勢丹新宿での展示も楽しみです。
行けるカナ…。
我が家のベランダのお花と大野七実さんの小鳥ちゃんを飾ってみました。
大野さん姉妹の勝手にコラボです(笑)

今年植えているパンジーはムーランフリルというフリルのような花びら。
それが…絶対ヤツがいるはずなのに一向に見つからない。
今までは鉢の底にいたんですけどネ。
今年はいない…ナゼ?で、今日茂った葉っぱをかき分けかき分けしてみたら…。
いました!いました!丸々太った大きなナメナメ!
ずっと足跡(足はないけど)が光っていたんですヨネ。
ムーランフリルのツボミを次々食べてボロボロにしてました。
退場!です(笑)
これでやっとキレイなお花が咲きます。
あぁ〜ヨカッた!

ひなまつり

お気に入りのおひなさま新型コロナにココロを支配されてて、すっかり飾るのを忘れていました。
小さな木のおひなさま。
このすましたお顔が微笑ましく、お気に入りの出雲のおひなさまです。
ニオイスミレとミモザの小枝はベランダから採って飾りました。
このおひなさまを作られた職人さんがおっしゃってた通り、だんだん木の色が濃くなってきました。
テレビはちょっと消して、ニュースだけ観てます。
出来るだけ普段の生活をココロがけて過ごしています。
混ぜるだけのちらし寿司を作って、今日はたのしい♪ひなまつり♫

閏日(うるうび)

ベランダには確実に春がやって来ています一か月前は、こんな事態になるなど考えてもみませんでした…。
けれど、もう一か月前には戻れません。
だからどんなに不安でも、前に進むしかないないんですヨネ。

ついにじぃの高齢者住宅も面会禁止になりました。
その方が安心です。

ワタシのお仕事もジブンで判断しなければなりません。
でも、基本は安心安全。
それが第一です。

今日は4年に一度の閏日。
そんなコトは忘れてしまうほど、心配は尽きません。
ベランダには春の花々が咲き始め、季節は確実に進んでいます。
ウィルスを封じ込めるのは、ひとりひとり…ワタシもそのひとり。

棚勝朋巳さんの絵本

棚勝朋巳さんの絵本たちテレビを観てもバッドニュースばかりで気が滅入る…。

楽しいコトをジブンで探そう〜。
では、お気に入りの絵本をご紹介!
以前お気に入りで紹介した「クネクネさんのいちにち きょうはマラカスのひ」
続編(?)の「フワフワさんのいちにち フワフワさんはけいとやさん」と「クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ」
絵は銅版画のようで、色づかい、表情、雰囲気がとても好きです。
子供たちに読むと、登場人物のキャラクターが興味を持つ要因なようです。
それぞれの名前や風貌が「ヘェ〜」って感じみたいです。
「ブティックしまさん…」「インコうたのかい…」と呟いているコ。
「クネクネさんは男?女?」と問うコ。
見た目は男の子みたいだけど、話し方が女の子。
全てハッキリしないのもオモシロイ。
読み方も研究したいなぁ〜。

春を待つ

玄関にムスカリの陶板を飾ってます毎年今ぐらいの時季には大野七実さんのムスカリの陶板を飾って、楽しみに春を待つ。
なのに、今年はそれどころではないですヨネ。
不安に思っていないヒトなんているんだろうか…。
栄養のあるモノをしっかり食べて、十分寝て、ちゃんと手を洗う。
とにかくちゃんと生活しよう。
そして春を待とう!

今も昔も

母の写真にクリスマスローズを飾って小学校の時に「奈良の大仏を作った理由」について習ったコトを思い出しました。
その頃、人々の争いや疫病、天災、それを鎮めるために民衆のココロのよりどころになるように作ったという理由だったと思います。
そのためにこんな大きなモン作ったんかぁ…と遠足の時に大仏さまを見上げたもんです。
いつの世も同じ不安が、人々のココロの中に影を落としているのですネ。

今日は弟1号が母のお墓まいりに行くというので、ワタシも一緒におまいりしました。
生前、母は世間が大騒ぎしているコトに動じず、ジブンの考えがキチンとある人でした。
新型インフルエンザの時は闘病中で、ワクチンを打てるかワタシがヤキモキしていたら「そんなに心配せんでも、私はもういいで。十分長生きや」と呑気に言ってました。
そんな母は、空から今をどんな風に見ているのでしょう。

白菜漬け

白菜を干して漬け物に小さめの白菜を干して、塩と昆布と唐辛子で白菜漬けにします。
餃子に入れても美味しいですヨ!

もうテレビを消してます…。


TOP