モノコト

日々のものこと

元気が一番

元気になってまたイタズラしてます先週の月曜日、夕方から調子を崩したもも。
散歩中、自転車が通ってそれにナゼか驚きカラダをひねった後、全身に震えがきて息が荒くうずくまって動かなくなりました。
その時はナニが起こったかわからず、このまま心臓が止まってしまうのではとオロオロしました。
次の日の火曜日、また朝から震えて息が荒い。
それで以前一度だけ行ったコトのあるクリニックで診て頂きました。
触診、聴診だけで頂いたのは漢方薬。
で、お薬をごはんにまぜた水曜日、震えも治らず今度は吐いて食欲もなくなりました。
このままで大丈夫…?とドンドン不安が募りました。
そこで、存じ上げてた都内の動物病院に伺い院長先生にご相談しました。
吐いて食べないというコトが重篤な病気の可能性があるかもしれないと、夜間診察時間に病院に行き検査してもらうコトを勧められました。
いつも行ってた動物病院にその院長先生のお知り合いの先生がいらっしゃって、事情を電話で伝えて頂きすぐ診ていただきました。
今回はレントゲンや血液検査もして頂き、素人のワタシたちにもわかりやすく信頼できる診断でした。
全身の震えは痛みからでその原因は脊椎症、吐いてしまうのはストレス(痛みからかクリニックで施術されたレーザー治療からか)による胃腸炎という診断でした。
ちゃんと説明してもらったので、あまり不安にはなりませんでした。
次の日から安静を心がけると震えもなくなり、少しずつ様子もよくなっていきました。
昨日くらいから吐くのもなくなり、食欲も戻ってきました。
仔犬から診て頂いてた先生がお辞めになって、病院に予約なしで行くと毎回違う先生だったのでどうしょうか…と思ってた矢先の不調で飼い主もアタフタしてしまいました。
もうシニア世代に突入したもも、これを機に少し体重を落としていこうと思っています。

やっぱり心配ごとがあると、ブログを書くキモチにはなりませんネ。
何気ない日常がホントはありがたいモノなんだなぁ…って改めて実感しました。

木曜日からずっと家にももといたので、夜大きな地震のニュースが入って刻々と被害が広がっていくのを心配しておりました。
テレビから聞こえる緊急地震速報や携帯の警報音に、ももも怯えています。
5年も前のコトを憶えているのですネ。
九州熊本、大分の方々、ワンちゃんネコちゃんペットたちも一日も早く普段の穏やかな生活に戻れますように、心から願っています…。

ニット帽とマフラー

手編みのニット帽とnomamaさんのマフラー寒い日のもものお散歩もこのニット帽とマフラーで大丈夫。
どちらも頂いたモノ。
くださった方の温かなお気持ちが伝わって、なおあったかい。

もものお散歩写真はInstagramにアップしてます。
よかったらのぞいてみてください。

ビギナーズラック

image

昨日はdoinelさんで鹿児島睦さんのハンドメイドの作品販売会がありました。
今回は事前にインターネットで申し込み、抽選で当選したヒトだけに整理券のメールが来るというコトでした。

とても人気だと聞いていたので「たぶんダメだろうなぁ〜」と半分諦めていましたが、ナント!一番最初に入れる10人に当選しました。
鹿児島さんの作品は以前伊勢丹さんの「新宿乙女雑貨店」で見たコトはありましたが、展覧会に臨むのは初めて。
ビギナーズラックですネ!

作品をお持ちの方にアドバイスを頂いたり、使っていらっしゃる方のブログを拝見したりしてジブンなりに「こんな感じのがイイなぁ…」なんて思い描いていましたが、いざその場面では頭に血が上り、30分の時間制限ギリギリでもまだ決まらないグズグズ状態(笑)
最終的にはもうわからん!ってなって次の時間の方々が入ってこられ、わからないまま3点選んだ感じです。
imageウチに帰ってゆっくりと落ち着いて眺めました。
いやいやワタシはグズグズでしたが、器はどれもイイ!
さすが鹿児島さんの作品、ステキです。image特に「掻き落とし」というこの器が大好きです。
使っていらっしゃる方のオススメでした。
ワタシもコレは、一番にピン!ときました。

今日のお昼に使ってみました。
最初の写真です。
使ってみてやっと鹿児島さんの作品がわかったような気がします。

ホントは全部使うより、他の器と使うつもりです。
でも今日は、全部使ってみたかった!
たくさん盛りすぎでステキな絵がかくれてますが、食事が進むにつれ見えてくる楽しみもあります。
ステキな鹿児島さんの器をポイントに他の器と合わせていくとイイですネ。
それを考えるのが楽しみです!

神代楡の角皿

20140801-212257-76977755.jpg

20センチ角で表面にノミ目のある素朴なモノ。
神代楡(ジンダイニレ)という木で出来ています

神代楡とは、神代木(ジンダイボク)のひとつで「埋もれ木」などとも呼ばれ、急な気候変化や火山活動などで湖の底に沈んだり、火山灰の中に埋もれたりして呼吸を止めていた木々たちが、何千年もの時を経てタイムスリップして現在にやってきたモノなのです。

そして作家さんの手により器になり、我が家にやってきました。

実はコレ、ワタシが選んだモノではなく、6年前くらいに三谷龍二さんの展覧会に無理矢理連れて行かれた主人のミタテなのです。
そんな特殊な素材というコトは全く知らず「コレがイイ!」と選びました。
使っていくうちに緑と灰色がかった木の色はずいぶん茶色に変化してきて、ワタシもお気に入りの器の一つでした。

それを、それを、ナント先日不注意で落としてしまいました…
あぁ〜なんバカなコトを!
角が一箇所割れてしまいました。
「何であんな置き方したんだろ…」とキモチが落ち込む、落ち込む…
いくら後悔しても元には戻りません。
洗濯を干してても、ももとお散歩しててもそのコトばかり頭を巡ります。

すると主人「割れた破片全部持っておいで」と言って破片を小袋に入れてお皿と一緒に机の上にしばらく置いていました。

「どうするのかしら…割れたところをヤスリで磨いてくれるのかしら」
いつもはワタシが何かを壊すと、ガサツだ!と叱られますが、今回に限ってはそう言っただけ。
ワタシが落ち込んでるのがわかるのカナ、なーんてチョット思ってました。

20140801-214417-78257621.jpg

ある朝起きたら、欠けた角がどこだかわからないくらいキレイになっていました。

まずパズルみたいにバラバラの破片を組み合わせ木工用ののりで貼り合わせ、破片がなくなった箇所に木工用パテを埋め込み、パテの箇所にアクリル絵の具で色付けして、仕上げにクルミオイルを塗ってくれたんですって!
さすが小さい時にたくさんプラモデル作ってただけある。

割れたトコロも写真に撮っておけばヨカッた〜

時を超えて我が家にやってきてくれた神代楡。
改めて大切にします…

天使の面影

20140308-204247.jpg

パンジーは、天使が自分の面影を写し「この花を見る人に幸せがあるようにと…」と3度
キスしたことから、天使の面影と3色を宿すようになったそうナ…

19歳と一ヶ月半がんばって、虹の橋を渡ったワンコちゃんに捧げます。

お弁当箱

20131017-222719.jpg

塗り直しをお願いしていた赤木明登さんの漆のお弁当箱、1年3ヶ月ぶりに戻ってきました。
まるで新品のようにキレイに塗って頂いてウレシい!

20131017-223035.jpg

試しにお弁当作って食べました。

ありがとうございます!
大切に使います。

針の森さん

20131005-095300.jpg

針の森さんのこぎん刺し、再び。
美しい。

20131005-095403.jpg

愛機

20130905-140050.jpg

毎日のブログの写真はだいたいコレで撮ってます。(G7で撮影)
このコが壊れるとブログは書けません。
いつも色んなトコロにボコボコぶつけてる。ゴメンねぇ〜

20130905-105000.jpg

こちらは携帯用。(EOSkissで撮影)
小さいけどなかなかです。

カメラは次から次へと新しいのが発売されるので、このコたちはかなりoldですけど故障もせずガンバってくれています。

性能やデザイン、使いやすさなどイイなって思うカメラはたくさんあるんですけど、それよりも撮る方の技術を向上させないとナ!って一番身近なヒトに言われ続けています(笑)
それにしても上達しませんナァ…だって努力してないもんナァ…

旧友

20130707-181755.jpg

今日は旧友と東京駅で待ち合わせしました。

カナダに住んでいる彼は、お仕事で日本に帰国。
もともと奥さんがワタシと友達で、カナダに行った時はお家に泊めてもらったり日本に帰ってきてこちらに来た時には狭い我が家に泊まってくれたりしました。
25年来の旧知の仲です。

20130707-182443.jpg

梅雨開けした東京は殺人的に暑かった〜

彼と主人、新しくなった東京駅の駅舎を撮ってカナダに送信。
久しぶりに色んな話しが出来てホントに楽しかった。

20130707-182815.jpg

アッという間に楽しいじかんは過ぎました。

帰国する時はまた知らせてネ!
そして自然でいっぱいのカナダにもまた遊びに行きたいナァ…

帰るとすっかり夏空だぁ。

トースター

20130603-130220.jpg

結婚の際、主人の事務所の同僚の方たちから頂きました。
アメリカ、サンビーム社のポップアップトースター。
なのでもう二十年以上、我が家の朝食のトーストを焼いてくれています。

熱源が近いので短時間でパリッとトースト出来て美味しいんです。
だから冷凍していたパンでもバターを塗って半分に割ると中から湯気が出ます。

難点は入る食パンの幅。2cm幅よりぶ厚いと微妙に入らない時があります。
だからパン屋さんで食パンをスライスしてもらう時は「幅2cmでお願いします」と必ず頼まなければなりません。
反対に柔らかい薄めのパンだと入れた時にフニャっと熱源に当たって、焦げるなんてコトもあります。

一年くらい前、とうとうスイッチが入らなくなってしまいました。(スイッチはパンを入れる、その重みで入ります)
なんとサンビーム社は倒産してしまっていて修理に出せません。
で、主人が中を開けて修理してくれました。

それからは「ヤツ(トースターのコト)はサーモスタットだけの単純なもんヨ」って調子が変だとそう言ってみてくれます。
扇風機同様、使うに当たってはもっと便利なモノがあるかもしれませんが、何とか壊れずウチのトーストを焼き続けてほしいです。

ところでワタシ、金曜日に髪をカットしてもらいました。
もともと短いのですが「ベリーショートで」とお願いしたらホントにベリーベリーショートになりました(笑)
「サブちゃん(演歌界の大御所)チックになってない?」と主人に問うと、頷きながら大笑いしてました。
エ〜!ってコトは…やっぱりサブちゃんチックになっちゃってるんですネ〜

アラビア ムーミンマグ

20130415-143714.jpg

我が家にはフィンランドのアラビア社のムーミンマグが五つあります。
ホントはもう一つあったのですが、割っちゃいました。
それは22年前に結婚のお祝いに頂いたペアーのモノでした。
写真の真ん中のマグ、ちょっとエイジングしているのが残ったマグです。

20130415-144335.jpg

割ってしまった主人のマグは色がグリーンでムーミンパパがピカソのような絵を描いている絵でした。

ワタシのマグは3コママンガのようで絵が三つ並んでいます。コレが一枚目。
ムーミンがお花を持って何だかフローレンにプロポーズ(?)しているのかな。

20130415-144923.jpg

二枚目は何故だかムーミンが怒ったような顔。腕組みしてるし…。
プロポーズうまくいかなかったの?

20130415-145040.jpg

三枚目はあら?ふたりがラブラブな感じで、それをミムラさんが後ろから「よかったネ」って感じで見守っています。でも何故だかその横でミィが「!」の札を持ってる不思議な絵です。
「何だろなぁ?」色んなイマジネーションが広がります。
一つになってしまいましたが時々使って大切にしたいと思います。

割ってしまった時に購入したムーミンパパ、ママ。
そしてこの春新しいムーミンとフローレンが発売になるので、2012年で廃番になってしまったブルーの「Moomintroll on ice」とイエローの「Snorkmaiden」もデパートの貯まったポイントでもらいました。
ワタシは新しいムーミンとフローレンよりこっちの方が好き。表情がカワイイです。
主人には「ウチには何個マグあるの!」と言われています(笑)

でも先日、ネットで割ってしまった主人のマグと同じモノを見つけました。
久しぶりによく見るとシュールな絵です。面白い!
もちろんもう廃番ですのでヴィンテージです。
「エ〜!高〜い!」お値段を見てビックリ!
主人に言ったら「買わなくてイイからネ〜」とクギを刺されました。
いくらなんでも高すぎて買えません(笑)

エアメール

20130414-153035.jpg

昨日ポストにこんなカワイイ切手のついたエアメールが届きました。

20130414-153121.jpg

異国の地からわざわざ便りを頂き、本当に本当にウレシい。

コーヒーを飲みながらマグのフローレンのように宝物を見るように絵葉書を拝見しています。ワタシも行ってみたい…。憧れの国です。

トロント土産

20130409-124856.jpg

ヒナタノオトさんの窓辺カフェの林檎ケーキを見て思い出した!
22年前にカナダのトロントの蚤の市で買った、リンゴパイ皿。
「カワイイィ〜!」と旅行の初日に一目惚れ。
結局主人が旅行の最初から最後まで、現地で買ったトロントメープルリーフス(アイスホッケーチーム)のディパックに入れて背負って持って帰ってくれました。

20130409-125726.jpg

持ち帰ってからはウレシくてしばらく飾っていましたがパイ料理を作るわけでもなく
そのうち食器棚の奥で眠っておりました。
未だに一度もお皿としては使用されていません。
トロント土産ですがポルトガル製です(笑)

もも、「ナニナニ?」とクンクンチェック。
「ナンダァ、食べられないモノね〜」とすぐに立ち去っていきました。
22年前のワタシ、これどうしたくて買ったのですか?

天眼鏡

20121218-160109.jpg

母が使っていた天眼鏡です。
もともとワタシが職場の近くにあるメガネ屋さんのウインドに飾ってあったモノをプレゼントしました。母もワタシもフェイラー好きです(笑)
この天眼鏡は エッシェンバッハというドイツのモノでお店の方が「広い範囲を見る時、読書や新聞を読むのにイイですヨ」と薦めて下さいました。
考えたらフェイラーもドイツのシュニール織のタオルです。
ドイツ同士だからコラボレーションしたんでしょうか。

プレゼントしたら「よく見えていいわぁ」と喜んでくれました。

亡くなった時に形見にともらいましたが、すぐ使うコトがありませんでした。
ですが昨日、年賀状のリストをプリントアウトしてもらったら、あまりに小さい字でビックリ!ワタシ、途方に暮れてしまいました。
「こんなん見えないヨ〜」
すると主人に「コレ使ったら〜」とこの天眼鏡を渡されました。
そっかぁ〜さすが、いいレンズ。よ〜く見えました(笑)

今朝写真を撮っていたら寝室で寝ていたももがやってきてクンクンしました。
母のにおいでもするのかな…。

吉兆味ばなし

20121024-232913.jpg

この本、少し前にネットの古本屋で購入しました。

でももう何度も何度も読んだコトがあります。
図書館で見かけてから借りて読んで、借りて読んで…。
何度読んでも面白い。
もう古本ってコトは絶版なのでしょうか。
それで手元において時々読みたくて探しました。

湯木貞一さんは日本料理「吉兆」のご主人。
でもこの本は決して難しくはなく、日本料理が大切にしている四季折々の行事や旬のお料理を普通の家庭で作れるように書いてあります。
ただ料理を作るというコトだけでなく、その心意気のようなモノを教えてくれます。
船場、島之内ことば(大阪の商家のことば)で優しく語りかけてくれるようで、おじいちゃんが色んなコトを教えてくれている、そんな懐かしい気持ちがしてきます…。

古い本だけど古さを感じません。大切にしたいです。


TOP