モノコト

日々のものこと

フレッシュトマトソース

夏になったら毎年作るフレッシュトマトソースももさん今日、クリニックで診て頂きました。
少し後遺症が残っていますが、ほぼ完治でお薬もおしまい。
ヨカッた!何よりごはんも食べて、暑いけど少しだけお散歩もできるようになりました。
じぃに始まって、ほぼ同時にももが倒れ…お盆休み前のお仕事も休ませてもらって、ずっとずっと看護?介護?通院、点滴、注射、お薬服用(これが結構たいへん)。
世間はお盆休みでしたが、全く関係なし。
そして今日を迎えました。
シニア犬は何があるかわかりませんが、一先ず安堵しています。
ご心配頂いたたくさんの方々、ありがとうございました。

今日はもものクリニックに行く前の少しの時間、生のトマトでソースを作りました。
毎年夏の季節に作るフレッシュトマトソース。
作り置きしておくと、パスタがすぐにできて便利なのです。
我が家の夏の風物詩になってるなぁ〜。

今日から14歳

今日はももの14歳の誕生日今日はももの14歳の誕生日。
毎年恒例、キッチンドックさんのガブリンケーキでお祝いです。
膀胱炎に2度なったり、腎臓のお薬を飲み始めたり、それなりにシニアになって体調イロイロですが、食欲も戻り美味しいケーキも食べています。
今年のガブリンケーキは小麦色。
お味は変わらず美味しいようです。
おやつのプレゼントも贈って頂き、ふんだんにおやつのストックが増えました。
暑くなってきましたが、それでも朝はテクテクガンバって歩いております。
最初は距離を置いて見ていましたが…最初ケーキと距離を置き見ていましたが、だんだんと近づいてハートのスィートポテトをフライングゲットしていきました(笑)
ホネの形のクッキーはひとしきり、フンフン言いながら隠す場所を探していましたが、最後はジブンのケイジの奥の方に隠してました。丸見えでしたけど…(笑)

ももに「これからもずっと元気でそばにいてネ」と撫でながら話しましたが、(あ!違う!)「これからもずっとももの側にいるからネ」と言い直しました。
ずっと側にいるからネ…。

楽しい時間

久しぶりの外でのランチずっとランチしましょうと約束してた方とやっと叶いました。
でも、ワタシの都合で地元のカフェcontes(コンテ)さんで。
コンテさんも一度伺ったきりだったので、もうとても楽しみでした。
久しぶりの外食!
センスの良さが光るステキな空間でお昼を頂くシアワセ〜♡
コンテさんのお料理もデザートもステキ楽しい時間は瞬く間に過ぎ、タイムリミットが近づきます。
あ〜まるでシンデレラだわ〜!
ってなワケではなく、アパートの排水管清掃が15:00からなので帰らなければ…(笑)
たぶんそんな制限がなければ、ずっとおしゃべりし続けてましたネ。
ありがとうございました。
またぜひ!

自由学園明日館にて

富井貴志さんの木の器展に行きました昨日は富井貴志さんの木の器展と夕方から始まるトークイベントを拝見するために、自由学園明日館に行きました。
明日館は、以前主人とクロヌマタカトシさんの展覧会の帰りに前を通ったコトがあり、建築家フランク・ロイド・ライトの設計と聞いて中も見てみたいなぁ〜と思っておりました。
今回、富井さんの展覧会で明日館に行けるなんて!ととても楽しみにしておりました。

自由学園明日館での展示窓枠、雰囲気、部屋のにおいまで、何だか懐かしい…と思いました。
あ!ワタシの通ってた幼稚園に似てるんだ!
ワタシの通ってた幼稚園は、神戸の小さな教会でした。
その感じにすごく似てるだなぁ。

明日館の雰囲気に富井さんの木の器がとても溶け込んでいました。
今回、婦人之友4月号の記事「手しごとのモノサシ」と連動した展覧会を、自由学園明日館とヒナタノオトさんの二会場で開催されています。
明日館では美術館のような展示にしたかったと稲垣さんがおっしゃってましたが、カテゴリーで分けた展示で富井さんの器がひとつひとつ丁寧に拝見できました。

夜桜のライトアップと明日館トークイベントでは作り手、素材、そして使い手のお話を伺い、ワタシも富井さんの器を使い倒そう!なーんて思ったり…。
ウチの器もすごいコトになるように(笑)
あっという間に時間が過ぎて、外に出ると4月とは思えない寒さで震えました。
明日館の桜は夜になって、なおスゴい!
この桜に出会えたのもウレシいネ〜。

工房からの風から

今年は伊勢丹新宿店で「工房からの風から」展行けないなぁ〜と半分以上諦めておりましたが、時間はつくるコトができるんですネ。
その分イロイロたいへんですが、行けるとワクワクドキドキ楽しい時間です。

今回はミモザと羊がテーマらしいので、大野八生さんのライブペインティングもひつじちゃんとミモザのお花。
ミモザ色の毛糸がねずみちゃんのお家で毛糸玉に…。
青い鳥ちゃんもカワイイ♡
作家さんとも直接ゆっくりとお話しできました。
ヒナタの皆さま、いつもさわやかで温かいなぁ〜。
来週の水曜日から後期も始まります。
お時間ある方はぜひお出かけください。
オススメです!

和食の会

今日は和食の会
いつも伺うお友達のお宅で、今日は和食の会。
北欧のヴィンテージ食器やインテリアがいつもステキなお宅なのですが、今日は和食なので絵付けの器を用意してくださいました。
青い絵付け、ヴィンテージなのです。
センス抜群〜ステキ過ぎる!
ご飯は五穀米、とっても美味しかった〜。
楽しいひと時ワタシはいつもじぃプレートに作ってる簡単料理。
美味しいって言ってもらえるとウレシくて、とても楽しかったです。
デザートのロールケーキやシュトーレンを頂いてお腹がいっぱ〜い!
ありがとうございました。

Winter Snow Garden

石木文さんのうつわとかなパンさんのフルーツサンドもうずいぶん前から楽しみにしていた「Winter Snow Garden 石木文のうつわとフルーツサンドの会」
とうとう今日が来てしまいました。
カワイイ石木さんのうつわでカナパンさんのフルーツサンドを頂く。
夢のようなひと時です。

昨日はじぃの病院で2時間あまり椅子に座って待ってチカれた…。
でも、今日は英気を養い元気モリモリです。

1時間くらいでしたが、リフレッシュできました。
contesさんのランプシェード。
石木文さんの虫喰いランプとオカベマキコさんのしゃぼんランプ。
ステキなコラボだぁ〜。

風が変わった…。

ホーズのジョウロ、お気に入りですあれがあなたの好〜きな場所〜♪
昨日は南風が強く吹いていましたが、夜を越えて北風に変わりました。
空気が乾いて、爽やか〜!
気温は上がっていっても、湿度が低いので暑くないです。
昨日までのコトを思うと、エアコンoffなんて信じられません!
いろんなモノを洗って、いろんな場所を水拭きしてスッキリです。
そんなコトしても汗も出ない〜。
ひゃーウレシい!

ホーズのじょうろで水まき。
シマトネリコとオリーブは葉っぱにもシャワーをかけてあげます。
葉っぱに黒い汚れ(?)がついて元気がなかったのですが、シャワーをかけてあげるようになってから元気を取り戻しました。
その度に汚れも拭いてあげたしネ。
もしかしたら、病気になりかかってたんかも…。
メダルのようなホーズのマーク、先日カラカラン〜と外れて落ちてしまいました。
あらら〜別についてなくてもイイけど…なんだか間抜け。
ベランダ用のサンダルも亀裂が入ってボロになってきました。
紫外線のチカラ、恐るべし。
サンダルは新調しないといけないネェ…。

13歳おめでとう!

百々(もも)今日13歳になりました。
今年もキッチンドックさんのケーキを頂いてお祝いです。
毎日毎日暑いですが、13歳なりに乗り越えていきたいと思っています。
来年も元気でお誕生日を迎えられますように…。

12歳と11カ月

今朝はももも遅くまで寝てましたフェラリアの検査の時にチョット多めに血液を採ってもらって、健康診断を毎年してもらっています。
来月13歳になるもも。
今年はどーだろうなーーとドキドキしていましたが、全部基準値内で先生の所見の欄も「素晴らしいです」と書いてありました。
ジブンのこと以上にウレシくて、チョット小躍りしてしまいました(笑)
とは言え、ワンコ時間ははやいので、一日一日大切にしないといけないナと改めて感じました。
元気で長生きしておくれ〜。
飼い主の言うコトをほとんど聞いてくれないけど、それだけは聞いてほしい飼い主です。
それから体重はオーバーだから、ダイエットしないとネ!

大金星!

ロシアワールドカップなのでチェブラーシュカとジャパンブルーのユニホームを着たワンコ昨夜は興奮しましたネ。
正直勝つのは難しいダロ〜ナ〜と思ってました(ごめんなさい!)
でも…国歌を歌う選手たちの表情が引き締まっていたので「お!いつもとチョット違うかも…」と期待が高まりました。
朝から大迫選手ばかり取り上げられていますが、ワタシのMVPは原口元気選手と長友金髪選手です(笑)
ホントよく走って、よく絡んで、よくカバーしてくれてました。
すごかった!
セネガル戦もポーランド戦もベストを尽くしてほしいですネ。

ロシアワールドカップなのでチェブラーシュカと2006年どちらかでもらった「Martin 」とサインしてあるユーモラスな犬の人形。
そういえば2006年も今年も戌年ですネ。
とぼけた表情がゆるくてイイ感じです。

ステキなニュース

季節で変えるげた箱の上是枝裕和監督がパルムドールを受賞されたというニュース!
素晴らしい!おめでとうございます。
大好きな監督さん「万引き家族」も観てみたいです!

ロイヤルウエディングもウットリとして観ていました。
一番印象に残っているのは、ウィンザー城の礼拝堂から出てこられたおふたり。
バラのトンネルの下で、シアワセなオーラ全開でした。
メガン妃のブーケも、もうステキすぎる〜。
ワタシもシアワセなキモチになりましたヨ。
お母さまもお空から見守ってらっしゃるコトでしょう…。

我が家の玄関げた箱の上は、季節に合わせて飾るようにしています。
今は、ベランダの植物と石木文さんのスワンちゃん。
tassさんのマットの上にドイツの木製の木と一緒に飾っています。
色の組み合わせや雰囲気がキニイッテます。
石木さんのスワンはナンバーリングの数字が、どこかスワンボートのようでカワイイ♡

本日のブーケ

本日のブーケはパンジーとウツギ水曜日の強風電車遅延。
左肩にカバン、左手にももう一つのカバンを持ってずっと電車で立ってたせいで、翌日左腰から肩、肩から頭にズズズーンときて頭痛になりました。
一度頭痛になると3日くらいツライ…。
仕方なくお薬飲んでしのぎ、お仕事ガンバりました。
金曜日、予約していたサロンへ行って髪をカット。
もう15年以上切ってくださってるFさん。
いつも若い方がシャンプーのあとマッサージしてくださるのですが、今回初めてFさんに肩をマッサージしてもらいました。
すると、短い時間でしたが肩が温かくなって少しずつ頭痛が治りました。
ボク、マッサージ得意じゃないんですヨ…っておっしゃってたけど、ゴッドハンドじゃない?
ホント、ウレシいです。
今朝はもう全然痛くありません。

今日は何もお花がないので、ベランダで咲いているパンジーとウツギを切ってお部屋を飾ります。
また、明日は嵐だって予報なので、柔らかい葉の鉢は玄関に避難。
いい加減に春の嵐はおしまいにしてほしい。

ココロざわめく

桜の季節がついにやってきました!ついにやってきましたネ!
毎年ナゼか桜が咲く期間、ココロが騒めきます。
なんででしょう…。
その季節が終わるとホッとするのです。
それにしてもなんてカワイイのでしょう…。
オオシマザクラはほんのりカホリがします。

先日、NHK BSでユーミンの「瞳を閉じて」の曲の誕生の経緯やその歌がどんな風に歌い継がれているかというドキュメンタリー番組をしていました。
「瞳を閉じて」は長崎県 奈留島の高校生がユーミンの深夜放送のラジオに「校歌を作って欲しい」という手紙がキッカケで作った曲で、結局、校歌にはならず愛唱歌として島で生活している人、島を出て都会で生活する人たちの中で歌い継がれている曲らしいのです。
番組は時間の経過とともに、そのドキュメンタリー映像が残っており、荒井由実時代のアーカイブの映像などとても興味深く観ました。
実はこの「瞳を閉じて」という曲、ワタシが初めてユーミンを知った曲なのです。
高校の時の音楽のテスト、誰とでもいいから二人組で好きな歌を歌うというテストで、友達と歌った曲が「瞳を閉じて」でした。
一緒に歌おうと誘ってくれた友達はユーミンが大好きで「いい曲あるねん」と紹介してくれました。
全く知らない歌でしたが、とても気持ちが良くてチョット遠い懐かしさを感じる曲だなぁと感じました。
友達がハモってくれた「瞳を閉じて」は音楽の先生が絶賛!満点をもらいました。
それからというもの、友達と何度もコンサートに行きユーミンのファンになりました。
ユーミンのコンサートは、演出もすごくて毎回驚いたなぁ〜。

でも、最近はほとんど聴かなくなってしまいました。
久しぶりにユーミンが聴きたいなぁ〜と思って、今井美樹さんの「Dialogue-Miki Imai Sings Yuming Classics-」を聴いています(笑)
え?ユーミンちゃうやん!と突っ込まれそう。
この今井美樹さんのカバーアルバムはワタシの好きなユーミンの歌ばかりなんです。
誰が選曲したんでしょう…。
ちなみにこのアルバムでワタシの好きなユーミンは「青いエアメール」「霧雨で見えない」「私を忘れる頃」です。
ほかのユーミンのお気に入りは、今の季節だと「花紀行」チョット暗いかんじですが「観覧車」も好きです。
この頃のユーミンの曲は言葉、メロディの中にその情景をイメージし、誰もが共感できたのだと思います。
「シンデレラエクスプレス」や「人魚になりたい」は聴くとその時代にタイムスリップしたみたい…。
ノスタルジックな世界に浸っています。

ひとしお

大根を買ってきたのでぶり大根やっとお野菜のお値段も落ち着いてきましたネ。
大根も高かったので一本で買うのを控えていましたが、今回は一本全部ぶり大根にしました。
前の日に炊いておくとお味がしみて柔らかい!
ぶりも天然です〜。
器は工房からの風から展でお迎えした大野七実さんの角鉢ぶり大根のお鉢は、先日工房からの風から展でお迎えした大野七実さんの器。
この器は色が違うバリエーションで毎回作っていらっしゃるので、気になっておりました。
実はどちらにしようか…と2枚並べて決められずにいました。
それでチョット会場をひと回り。
で、戻ってきてまん中がそらいろのこの器を見つけて、あ!これ!と一目で決まりました。
迷ってた2枚はやっぱり違ったみたいです。
パンジーの器も大野さん、どちらもマットなグレーとブルーが大好きです。
タマゴ焼きをのせた白い器は井山三希子さんの猿山の小さいサイズ。
猿山Mサイズも我が家にはありますが、ホントよく使います。
お茶碗は結婚25年の記念でお迎えした、小野哲平さんの鉄釉です。
模様はひとつひとつ違って、ステキ!

お気に入りの器で頂くと、普段のゴハンも美味しさひとしおなのです。


TOP