モノコト

日々のものこと

クレソンのお粥

今日はお粥を頂いて胃腸をいたわります年度末(3月)結構ガンバッた割に疲れないなぁ〜ワタシ体力あるわぁ〜なんて思ってましたら、終わった途端になぜか胃腸の調子がよろしくありません。
時々、胃がキューと痛くなったり、お口にプツっと痛いのが出来たり…。
花粉症も毎日ツライ。

そんな状態なので、3分クッキングで紹介してたお粥を作りました。
イロイロ入ってますから栄養満点です。
ショウガとニンニク、玉ねぎをみじん切りで炒めて、しいたけ、ニンジンもたくさん入れてお米とだし汁7カップでグツグツ30分。
出汁は煮干出汁のレシピでしたが、鶏ハム作った時のスープがあったのでそれを入れました。
最後にクレソンと卵黄をいれて出来上がり!
ホントは菜の花を入れるレシピでしたが、近所の八百屋さんでクレソン見つけました。
クレソンのシャリシャリした食感とチョット苦いお味が大好きです。

伊藤環さんの枯淡釉鉢、加藤かずみさんのレンゲ、高島大樹さんの粉引輪花楕円豆皿。
お鍋はルクさんの18cmジャポネーズ、鍋焼きうどんなどもちょうど一人前でいいサイズです。

年度末ハイだったんでしょうか(笑)
新年度も始まりましたネ。
新しい環境の方も無理せずボチボチ行きましょう。
ハイ、地道にガンバります。

それにしても風、強すぎてもう腹が立ってきました。
せっかく新芽が出てきた樹々がかわいそう。
いい加減にしてほしい!って誰に怒っているのやら。

さて何の花でしょう?

ワタシも今年初めて見ましたワタシも初めて見ました。
実は味噌作りのワークショップの時、ギャラリーらふとさんで頂いたひと枝に小さなツボミのようなモノがついていました。
これってツボミでしょうか?って話してて調べてもらったらやはりツボミ。
へぇ〜花咲くんですネ!とお話ししていました。
我がアパートの植栽にもその木があります。
よく見ると寒い時季からツボミがついていたので、いつ咲くかなぁと楽しみにしていました。
さーて、何の花でしょう?

ヒント : 葉っぱはスープに入れると香りがして美味しくなります。
そうローリエ月桂樹です。
調べるとこれは男の子の木。
銀杏のように雌雄があるみたいです。
ギリシャ神話にも出てくる昔からある植物。
黄色いカワイイお花はいいカホリです。

甘夏サラダ

今日のお昼は甘夏サラダほかみかん星人はサラダに甘夏を入れてみました。
甘夏と鶏ハムと松の実が入っています。
松の実はお友達がサラダに入れてくれたのが美味しかったので、それから時々サラダに入れてます。
甘夏がさわやかで、なかなか美味しい!
じぃにも持って行ったけど、果たして食べたかしら…。

鶏の手羽元とたまごは、CMのポン酢と水 1:1のレシピ。
甘辛も美味しいですが、これもさっぱりしててなかなかです。
ポン酢好きなので、また作りたくなりました。
切り干し大根も大葉と一緒にレモン果汁でさっぱりナムルにしました。
暖かくなってきたら、急にさっぱりしてて酸っぱいモノが食べたくなってきました。

井山三希子さんのオーバルはちょうどサラダが一人前。
安齋新さん厚子さんの刻紋鉢は、カワイイ模様なのに古い雰囲気、大きさもちょうど良くて使いやすい。
菅原博之さんの白漆は、シンプルで何を盛っても良く合います。
毎日、いろんな作家さんの器をどんな風に組み合わせようか…と考えるのが一番楽しい時間です。

ツバメ飛来

ホッとひと息、今日のおやつ今日は、朝からじぃの病院をハシゴしました。
その後はじぃの一週間分の買い物。
正直、チカレました…。
病院ってホント理不尽に長時間待たされるのが、ワタシの性分に合ってません。

お家に帰ってホッとひと息。
頂きモノのノア・ドゥ・ブールさんのサブレ缶です。
鳥ちゃんサブレがとてもカワイイ♡
バターの香りが良く美味しいお菓子ばかりです。
甘いお菓子を頂いて、チョット回復しました!心身ともに。
美味しいモノの威力はすごい。
ごちそうさまでした。

今日、ツバメを見ました。
すごいスピードと角度で飛ぶ姿はいつもホレボレします。
また、わが町で子育てガンバってネ〜。

今日のおやつを彩る、手仕事のお品。
ケメックスの持ち手 三谷龍二さん、羊毛フェルトのコースター 今野恵さん、お菓子のお皿 松塚裕子さん、コーヒーをいれた加彩ボウル 内田鋼一さん、クリーマー 茨木伸恵さん、グリーンのコースター tassさん、そしてリネンのツバメちゃんのクロスは刺繍トルションシリーズ ALDIN(アルディン)さんです。
アルディンさんの刺繍トルションシリーズは、青い鳥とこのツバメちゃんは持っていますが、他にもさくらんぼ、ヴァカンス、スミレ、朱い実、リンゴなどがあって集めたくなる可愛さです。
どこかで出会えたらいいなぁ〜。

リンゴベリーとブルーベリー

春になってグングン伸びてきたリンゴベリー冬の間、紫色だった葉っぱのリンゴベリー(こけもも)。
暖かくなってきたら途端にグングン伸びてきて、新芽はまるで黄緑色のお花のよう。
初夏に花が咲きうまくいけば、秋には赤い小さな実がなります。
ムーミンのお話にも出てくる、カワイイ実がなるといいなぁ〜。
ブルーベリーの花も急にツボミがたくさん出てきましたこの暖かさで、ブルーベリーも急にたくさんツボミをつけ始めました。
ブルーベリーの足元のラズベリーも、今年はもう新芽が出てきました。
実のなる木は、ひとつふたつでもウレシいんです。
まぁどこまでいっても、食いしん坊なだけ(笑)

春のヒカリは花や虫、鳥、そしてニンゲンたちにチカラを与えてくれるのですネ。
今日から4月。
やっと年度が終わった!とホッとしたのもつかの間、新年度が始まります。
また、キモチも新たに地道にがんばります。

桜の葛焼き

京都 和久傳さんの桜の葛焼き母のお供えに買った、京都 和久傳さんの葛焼き。
実はワタシ、葛焼きが大好き。
初めて食べたのは、暑い夏に仙太郎さんの葛焼きです。
それからは毎年、夏には食べていましたが、こちらに引っ越してきてからは仙太郎さんに行っても売っていませんでした。
京都弁の職人が「最近は京都でも作ってませんわ…すんません」とおっしゃっておりました。
で、和久傳さんの葛焼きは初めて。
しっかりしてて中に桜の葉も入っていて、塩気と甘みが絶妙で美味しいです。
秋は栗の葛焼き、冬は柚子の葛焼き、早春は蕗のとうの葛焼きがあるようで、また頂いてみたいですヨ〜。

桜の葉は「夜さくら」に入っていたモノ。
うつわは楠田純子さんのキナリ六寸リム皿です。
ワタシ、ステキなうつわ持ってるわ〜とホレボレします(笑)
もものお散歩で拾ったオオシマザクラもいいカホリ。
決して折って持って帰ってきたのではありません。

母のお参りとお花見

母のお参りとお花見今日は、母のお参りに行きました。
先日も書きましたが、毎年春のお参りはは桜の頃に行くようにしています。
それは、高齢の父にはまだチョット肌寒いお彼岸より、暖かいサクラの頃の方が良いということもありますネ。
公園墓地の公園のエリアは、それはそれは立派なソメイヨシノがたくさん植わっています。
今日も平日なのに、たくさんの方がお花見を楽しんでいました。

富井貴志さんの重箱におにぎりとたまご焼きを3人分詰めました。
小さなお皿には母の分。
スペシャルは京都 和久傳さんの「夜さくら」というお菓子、左のいちごの横に入っています。
羊羹と表記されてますが、水ようかんのような柔らかさで夜を表現し、サクラを模したのは道明寺粉、サクラの葉もついていて香りもとても良いです。
さすが和久傳さん!じぃもとても喜んで頂きました。
ホント、上品でさっぱり美味しいお菓子!来年も絶対食べたい!
見上げると青い空と薄紅のサクラ来年もまた元気で父とお花見できるといいなぁ〜と思いながら見上げると、ハラハラとたくさんの花びらが落ちてきました。
もうこの週末くらいでサクラもおしまいでしょうか…。
今年は駆け足でサクラがいってしまいそうですネ。

春ちらし弁当

今日のお弁当は春ちらし寿司かな?駅からデパート、デパートから職場、帰りに預けておいた品物を取りにまたデパート、乗り換えがメチャメチャ遠い駅から駅…。
今日はスマホの万歩計が16000歩以上。
汗だくになりましたヨォ〜。
ちかれました…。
明日も一日中忙しいのに、もうすでにヘロヘロです(笑)

時間がなかったので、混ぜるだけちらし寿司にたまごとシャケとスナップエンドウをのせただけの春ちらし寿司弁当です。
手間があまりかかってない割に、なかなかでした。
今年度も明日で終了。
ヘロヘロだけどガンバるぞぉ〜。

オレンジティー

これなかなか美味しいです昨日今日とホント春本番。
みかん星人がCMを観て気になってたアイスティー、甘さが控えめで美味しいです。
つい、一週間前に雪降ってたのにネ〜。
少しオレンジ果汁を入れると、なお美味しいです。

春の上野

国立博物館内にある池田家上屋敷表門(黒門)今日は上野に行きました。
こんな花見シーズンに上野に行くのは気が進みませんでしたが、用があったのは国立博物館の方向。
池田家上屋敷表門(黒門)のソメイヨシノもほとんど満開、お花見の場所とは離れているので静かでした。
上野公園は桜だけでなくいろんな樹木が芽吹き始めていて、桜の薄紅色と萌黄色のコントラストがとても美しかった〜。
旧東京音楽学校奏楽堂の前あたりです。
春を愛でるというコトは、桜のお花見だけでないと思うんですけどネ!

ココロざわめく

桜の季節がついにやってきました!ついにやってきましたネ!
毎年ナゼか桜が咲く期間、ココロが騒めきます。
なんででしょう…。
その季節が終わるとホッとするのです。
それにしてもなんてカワイイのでしょう…。
オオシマザクラはほんのりカホリがします。

先日、NHK BSでユーミンの「瞳を閉じて」の曲の誕生の経緯やその歌がどんな風に歌い継がれているかというドキュメンタリー番組をしていました。
「瞳を閉じて」は長崎県 奈留島の高校生がユーミンの深夜放送のラジオに「校歌を作って欲しい」という手紙がキッカケで作った曲で、結局、校歌にはならず愛唱歌として島で生活している人、島を出て都会で生活する人たちの中で歌い継がれている曲らしいのです。
番組は時間の経過とともに、そのドキュメンタリー映像が残っており、荒井由実時代のアーカイブの映像などとても興味深く観ました。
実はこの「瞳を閉じて」という曲、ワタシが初めてユーミンを知った曲なのです。
高校の時の音楽のテスト、誰とでもいいから二人組で好きな歌を歌うというテストで、友達と歌った曲が「瞳を閉じて」でした。
一緒に歌おうと誘ってくれた友達はユーミンが大好きで「いい曲あるねん」と紹介してくれました。
全く知らない歌でしたが、とても気持ちが良くてチョット遠い懐かしさを感じる曲だなぁと感じました。
友達がハモってくれた「瞳を閉じて」は音楽の先生が絶賛!満点をもらいました。
それからというもの、友達と何度もコンサートに行きユーミンのファンになりました。
ユーミンのコンサートは、演出もすごくて毎回驚いたなぁ〜。

でも、最近はほとんど聴かなくなってしまいました。
久しぶりにユーミンが聴きたいなぁ〜と思って、今井美樹さんの「Dialogue-Miki Imai Sings Yuming Classics-」を聴いています(笑)
え?ユーミンちゃうやん!と突っ込まれそう。
この今井美樹さんのカバーアルバムはワタシの好きなユーミンの歌ばかりなんです。
誰が選曲したんでしょう…。
ちなみにこのアルバムでワタシの好きなユーミンは「青いエアメール」「霧雨で見えない」「私を忘れる頃」です。
ほかのユーミンのお気に入りは、今の季節だと「花紀行」チョット暗いかんじですが「観覧車」も好きです。
この頃のユーミンの曲は言葉、メロディの中にその情景をイメージし、誰もが共感できたのだと思います。
「シンデレラエクスプレス」や「人魚になりたい」は聴くとその時代にタイムスリップしたみたい…。
ノスタルジックな世界に浸っています。

ひとしお

大根を買ってきたのでぶり大根やっとお野菜のお値段も落ち着いてきましたネ。
大根も高かったので一本で買うのを控えていましたが、今回は一本全部ぶり大根にしました。
前の日に炊いておくとお味がしみて柔らかい!
ぶりも天然です〜。
器は工房からの風から展でお迎えした大野七実さんの角鉢ぶり大根のお鉢は、先日工房からの風から展でお迎えした大野七実さんの器。
この器は色が違うバリエーションで毎回作っていらっしゃるので、気になっておりました。
実はどちらにしようか…と2枚並べて決められずにいました。
それでチョット会場をひと回り。
で、戻ってきてまん中がそらいろのこの器を見つけて、あ!これ!と一目で決まりました。
迷ってた2枚はやっぱり違ったみたいです。
パンジーの器も大野さん、どちらもマットなグレーとブルーが大好きです。
タマゴ焼きをのせた白い器は井山三希子さんの猿山の小さいサイズ。
猿山Mサイズも我が家にはありますが、ホントよく使います。
お茶碗は結婚25年の記念でお迎えした、小野哲平さんの鉄釉です。
模様はひとつひとつ違って、ステキ!

お気に入りの器で頂くと、普段のゴハンも美味しさひとしおなのです。

うぐいす餅とラナンキュラス

母の好きなうぐいす餅をお彼岸なのでお供えしました今日はあいにくの冷たい雨、都内は雪のようですネ。
春のお彼岸は桜の頃に毎年お参りするので、今日はお家でゆっくりです。
ですが、お彼岸なので母の好きなうぐいす餅をお供えしました。

実は、月曜日お仏壇のお供えに桜もちを4つ買いましたが、次の日には全部なくなっていました。
一応今日までの賞味期限だったので「一つずつ食べてネ」とじぃのは言ったのですけどネ。
「小さい小さい桜もちやったからな〜」って…。
確かに小さめが一つの箱に入った桜もちでしたけど、それを全部一気に食べたのはよろしくないです!
まぁ〜もう食べてしまったもんは仕方ない。
今度からはお供えも一個にします(笑)

お花好きの母だったので、この一週間イロイロお供えしました。
ワタシの最近のお気に入りはラナンキュラス。
少し前まではカワイイピンクに黄色くらいだったのに、今では渋めの色だったり薄紅だったりミドリだったりバリエーションが増えました。
お花の形もウエーブのある花びらだったり、ポピーみたいな開いていたり、あまり開かないモノだったり、お花屋さんで見るだけでも楽しいです。
香りのよいレモン色のスイトピーと一緒に…。
都内は桜開花みたいですが、こちらはチラホラです。
さーてお墓まいりとお花見はいつにすれば良いのやら…。

小さなシアワセ

今日は雨のお散歩で四つ葉のクローバーを三つ見つけました「禍福は糾える縄の如し」

心配や悩みごとがあっても、きっとそのあとはいいコトがある。
反対にいいコトある時は、気を引き締めなきゃネ。
今日は雨のお散歩で四つ葉のクローバーを三つ見つけました。
皆さま、普段の生活の小さなシアワセありますように…。

甘いカホリ

夜にいちごジャム煮てます部屋中甘いカホリが広がっています。
お昼は結構忙しくホントはやりたいコトがあったのですが、1時間くらい寝落ちしてしまいました。
まぁ〜そのおかげで頭はスッキリです。
ずっと、寝不足だったのでヨカッたかも…。
で、夜にいちごジャムを煮ています。

岡本太郎さんの太陽の塔の内部が復活されたんですネ。
今夜と水曜日、NHK スーパープレミアムで特集されます。
太陽の塔は、小さい時からずっとワタシの成長を見てくれていたと思っています。
今は離れていますが、ずっとココロの中にあります。
大阪万博の時はまだ小さかったけれど、中の様子はとても印象的でした。
それが復活するなんてウレシい!
実物も見てみたいなぁ〜。


TOP