モノコト

日々のものこと

皆既日食と新月ノオト

今日は新月。アメリカでは皆既日食朝からアメリカで見られた皆既日食のコトをテレビで見ました。
みなさん興奮してインタビューにこたえていましたネ。
それを見て、2012年の金環日食を思い出しました。
あの時は曇っていて見られないか…と諦めていたら厚かった雲の間から見えた太陽リング。
神秘的でした…。

今日は新月。
お日さま、地球、お月さまが並んで一直線なんですネ。
10個ノオトにお願いゴトを書いてみました。
やっぱり、家族の健康が一番カナ。
でも、なかなかヒトには言えない現実的なコトもお願いしましたヨ(笑)

夏の玉手箱

昨日はじぃの眼科の付き添いで大学病院に行きました。

入院した日から目が白く霞むと言うので、いつも診て頂いている大学病院の眼科へ行くコトにしました。
2週間前に電話をした時点で、1日60名の予約がもうすでにいっぱいで取れません。
そうなると予約なしで診てもらうしかなく、それは何時間待つかわからないというコトになります。
入院していたじぃを長時間待たせるのは、なるべく避けたい。
そこで出来るだけ早く主治医に診て頂けるよう、弟1号に診察券機のあるエントランスが開く7時前に並んでもらい、診察開始に間に合うようにじぃとワタシが行くという段取りにしました。
入院していたコトなど事情を話し出来るだけご配慮頂き、比較的早く診て頂くコトが出来ました。
結果、目には異常なく他に原因があるかもしれないとのコト…。
また、別の科の専門病院で診てもらう予定です。
それにしても病院に行くと付き添いのワタシですら、疲れてしまう…。
特に大学病院は、患者さんの数がハンパなく多いです。
眼科もほとんど高齢者の方ばかりで、待ち合いの椅子が足りないくらい。
この現状どうにかならないかと思うのですが、高齢化社会だから仕方ないのでしょうか…。

ところで金魚ちゃんの夏らしいお箱に、お土産のお菓子を詰めて送って頂きました。
玉手箱は軽々しく開けてはいけない大切なお箱のコト。
お菓子を頂いてなくなったら、そういうお箱にしようと思います。
ありがとうございました!
ナニを入れましょうか?楽しみです。

シロの百日紅

シロの百日紅夏に咲く花、百日紅。
100日咲くと言われているだけあって、ももの散歩道に長く咲いています。
よそのアパートですが、コチラの植栽はシンボルツリーがシロの百日紅です。
センスいいなぁ〜といつもそう思って散歩しています。
散った花びらもカワイイ♡
シロの百日紅、好きです。

梅雨は雨が降らず、8月に入ってずっと雨。
やっぱり関東の農作物や稲に影響が出ているとニュースで報じていました。
これだけお日さまが出ないと、葉っぱがカビっぽい病気になりそうで心配ですネ。
暑いのはキライだけど、ほどほどに夏に戻ってほしいと願っています。

お盆におぜんざい

お盆の朝におぜんざいを食べます幼い頃、お盆と言えば必ず京都の祖母の家へお墓参りに行きました。
13日にご先祖さまお提灯に火を灯してお迎えし、門を開けそのままお提灯を吊します。
お迎えした日と次の日、お仏壇の前で西国三十三所のご詠歌を唱えます。
その頃は三十三のお寺の名前も覚えてましたけど…今じゃあなーにも覚えてません(笑)
そして15日の早朝にお墓に参りします。
ご先祖さまだけでなく、お地蔵さまにもお供えをしました。
お墓から歩いて帰ってくる頃には、もぉぉ〜アツイ!
そのタイミングでいつも、温かいおぜんざいをみんなで頂くのです。
正直、その頃小豆がキライだったし温かくて甘いモノを朝から食べるのはニガテでした。
夕方ご先祖さまをまた、お提灯で送って門を閉めお提灯をしまいお盆が終わります。
その頃からいまだ疑問が一つ。
ご先祖さまをお家にお迎えしている間お墓参りに行くってコトは、留守宅にお参りするってコト?
それはなんか意味あるの?
オトナになってもわかりません(笑)

オトナになって好きになった小豆。
今日は朝から丹波大納言を炊いて、母のお仏壇にお供えしました。
やっぱり温かいより冷たいほうがイイので、冷やし白玉ぜんざいで頂きます。
じぃも喜んで食べてくれました。

海の日

かき氷を食べると涼しい〜「海の日ってなんや?」とじぃが買い物のクルマの中で話し始めました。
じぃが現役の頃にはなかった祝日です。
「なんやかんや〜ゆうて休みを増やしとるなぁ〜」と休日出勤当たり前の高度経済成長期を支えた世代は、そんな風に思うみたいです。
「8月には「山の日」もできたンヨ〜」と言うと「ヘェ〜ハハハ〜休み過ぎや〜」と笑っておりました。
まぁ〜毎日祝日のようなじぃには関係ないお話です(笑)

今朝、昨晩降った雨が水蒸気となって辺りが白〜くなってサウナ状態。
海はすぐそこなのですが、暑くて行けません。
で、お家でかき氷。
キョロちゃん(今度ご紹介します)で削った氷とあんずのコンポート、紫蘇シロップ。
外で氷を食べると、いつも全部食べられないので最近は食べていませんでした。
久しぶりのかき氷。
これくらいがちょうどイイです。

真夏日つづく

真夏日が続きますまだ梅雨明けしていないのに、ずっとアツアツの天気が続いています。
もしかして明けてる?カラ梅雨?
なーんて思いながら毎朝ベランダの植物にお水を上げてます。

ゆっくり出来そうな1日がじぃのアクシデントでバタバタでした。
夜中、トイレに起きて後ろにヨロけ、タンクに体当たりしたらしい…。
そして、陶器のタンクは激しく割れてしまいました。
幸いにもじぃに怪我はなく(どんな転け方したんでしょう)
タンクも水漏れするコトもなく…。
お金はかかりましたが、新しいタンクにもすぐに変えてもらいました。
じぃ意気消沈していましたが、ナントカ問題解決でヨカッたです。
これからは、手すりを必ず持ってくださいネ。

福岡、大分の大雨災害。
先週の木曜日からずっと心配しておりました。
ホントに自然の脅威…いつやってくるかわからない…コワイですネ。
そう思って心構えが大切だと思います。
1日も早く穏やかな日常が戻りますようにお祈りしています。

暑い日は梅ジュースで乗り切ろうと思います。
お菓子は頂きモノの北海道 六花亭さんのマルセイバターサンド。
教えて頂いたように冷凍庫入れていました。
夏はこんな風に頂くとイイのですネ。
美味しいです。
ごちそうさまです。

夏の展覧会

赤木さんの夏の展覧会赤木明登さんから展覧会と新刊「うつわを巡る旅」のご案内が届きました。
7月10日(月)〜19日(水) 赤木明登展 銀座ギャラリーゴトウさん
7月28日(金)〜10月9日(月)企画展「モノの力 ヒトの力」國學院大學博物館 企画展示室
新刊は奥さまの智子さんとご一緒に、日本各地のギャラリーとうつわを紹介されています。
うつわ好きのワタシは、ご案内をいただく前にツタヤさんで見つけておりました。
大好きな大野七実さんのうつわも紹介されています。

今回の展覧会のご案内を拝見するとシンプルでステキ!カッコイイ!エッジが効いてる!
そして、丁寧なお仕事の作品だなぁ〜と感じます。
実物を拝見したいです。
お時間ある方はぜひに…。

色づくブルーベリー

ベランダのブルーベリーも色づき始めましたベランダのブルーベリーが色づき始めました。
今年は結構なっているので楽しみです。
暑くなってきて水やりもたいへんになってきました。

ところでユーカリの鉢の下に「?」
去年山椒の木にいた青虫くんと同じようなフンが…。
葉っぱがナーンにもない棒みたいな枝が…。
あれぇ?これは…食われてる…?
とユーカリをよ〜く見たら…枝に擬態したシャクちゃんが!
ホント枝みたいでわからなかったヨ。
シャクちゃんは蛾になるのかな?
3匹様、丁重にご退去頂きました。
どっから来たんだ!

九州大分の雨、心配です。
最近の雨の降り方、コワイ…。

オトナのナツヤスミ

ヒナタノオトさん「オトナのナツヤスミ」昨日ヒナタノオトさんからご案内が届きました。
7月8日(土)から始まる「オトナのナツヤスミ」という4期に渡ってのexhibitionです。
4期を「小暑」「大暑」「立秋」「処暑」と名づけられています。
さっすが!
詳しい出展作家さんはHPチェックしてみてください。
夏休みに東京へ遊びに来られる方も、ぜひぜひ〜。
夏は暑いからほとんど出不精になるのですが、行きたくなってきました(笑)

今日のオヤツは梅ジュースと蒸し豆。
蒸し豆はひよこ豆、青えんどう、紅大豆、黒豆、大豆で美味しいです。
お豆さんが入っている小さい器は辻口康夫さんのお味見カップと言います。
シブい感じの色合いで、カタチがカワイイ♡
お味見する時もナンダカ楽しいですヨ〜。

使い勝手のイイ台所

&Premium7月号蔦屋さんでパラっとめくってステキなお台所ばかり。
で、参考にしたくて購入しました「&Premium 7月号」。
最近、我が家も使わない食器を整理出来たので、食器棚が使いやすくなりました。
雑誌のようにステキではなくてもイイから、不自由だと思うところを改善していきたい!
使い勝手のよい台所が目標です。

生はちみつ

ヨーグルトに入れるとなんとも美味しい生はちみつ「生はちみつ」の「生」って何ですか?と思いました。
「無加熱・無濾過の生きてる蜂蜜」と書いてあります。
ナルホド〜そのままってコトですネ。
ヨーグルトに入れるとサクサクしている部分とトローンとしている部分の食感が違ってとても美味しい北海道「生はちみつ」です。

先日、日曜日の健康番組で「ネイチャースイートソース」の特集をしていました。
蜂蜜、メイプルシロップ、そして甘酒です。
砂糖に比べてカロリーが低いのに糖度は高く、血糖値も上がりにくい。
メイプルシロップはカリウムを多く含んでいるので高血圧予防、はちみつは免疫作用を活性化してくれるようです。
甘酒も飲む点滴と言われるくらいイイんですヨネ。
きなこを混ぜるとなおイイらしいですヨ〜。

その日曜日からナンダカ体調がイマイチです。
良くなったり、また下がったり、今週はダラダラ過ごしています。
スイッチがなかなか入りません…。

小さな 小さな

オリーブの花がお星のようベランダのオリーブの花が満開です。
パラパラとお星のような小さな小さなお花と黄色い花粉。
なんともカワイイ♡
でも…公園のオリーブはまだ咲いていません。
密かな受粉計画が…(笑)
我が家のオリーブちゃん、散ってしまってしまいそうヨォ〜。

先日、BSプレミアム「イッピン」で金沢のガラス作家さんが紹介されていました。
辻和美さんも出演されていましたネ。
製作風景を紹介されてたのは人気の黒の定番でした。
改めてテレビで観ると、黒の定番シリーズは和を感じますネ。
最近、海外でも個展をされている辻和美。
外国の方から見ると日本らしいと感じられるのでしょうか。
でも、我が家には辻和美さんの黒の定番シリーズはないですけど…(笑)

見逃した方、再放送は5月30日(火)午前6:30からです。
他にもステキなガラスを作られる金沢の作家さんが紹介されています。
やっぱり金沢行きたいなぁ…。

庭とアトリエ

ギャラリーらふとさんで大野八生さんの絵画展開催中千葉 市川にあるギャラリーらふとさんへ大野八生さんの絵画展に伺いました。
八生さんの絵は植物と小動物、鳥、虫などが描かれています。
繊細な線とワタシの好きな色。
絵と額装も全てご自分でコーディネートされていて、トータルぜーんぶステキなのです。
両面ともガラスの額にはウラとオモテでものがたりがある絵が貼り合わされていて、ウラオモテどちらもカワイイ♡
今回は陶のツバメやクローバーの壁かけもありました。
もちろんお作りになったのは八生さんですが、陶芸作家の妹さん大野七実さんがサポートされたらしいです。
展示されてる全ての作品がステキすぎるぅ〜ぜーんぶ持って帰りたいぃ〜。
そんなキモチでいっぱいでした(笑)

ニッケコルトンプラザのセンターコートでは、今年15th Anniversary「工房からの風」の出展作家さんの「風の予感」の展示も拝見しました。
秋が楽しみですネ。
らふとさんのお庭には、実生の野バラがキレイに咲いていました。
ガーデナーでもある八生さんに教えてもらったのですが、バラの虫除けに隣はニンニクを植えるとイイんですって。
確かにバラは虫がつきやすいです。
ナルホドですネ。

フリマ弁当

今日はフリマに参加今日は我が町のおまつり。
と言っても新しい町なので神社があるワケでもなく、自治会主催の住民のフリマとサークルなどの発表の場、商店街の出店です。
毎年お友達が手作りの品を出しています。
今年、チョットその場を間借りして我が家の不要品を出すコトになりました。
ナンダカとても楽しみになってキター!
お昼はゆっくりとれないかもしれないので、食べやすいフリマ弁当です。
今日は熱中症に注意。
おにぎりは梅干しおかかです。
午後はグリスーリさんへ井山三希子さんの個展へおかげさまでお昼に完売。
午後はグリスーリさんの井山三希子さんの展覧会へ。
もう!とっても楽しみにしておりました。
井山さんは人気の陶芸作家さん。
なので普通なら早朝から並んだり入場制限があったりですが、グリスーリさんは事前に初日だけ予約を取ってくださったのでゆっくり拝見出来ました。
やっぱりステキでした〜。
お家に帰って、頂いたわらび餅と青梅のお菓子で英気を養いました。
ごちそうさまです。
長〜くてクタクタな一日でしたが、楽しかった!
よく寝られそうです(笑)

頂きもの

和歌山のお土産和歌山 串本のお土産を頂きました。
上品な餡をぎゅうひで包んで、まあるくて薄い最中の皮で挟んである「浜そだち」というお菓子。
美味しゅうございます!
ナゼか、ももさんも欲しそうな顔でくるのでチョビッとだけ皮をもらいます。
毎日ひとつずつ頂き、優雅なお茶のじかんを過ごしております。

13日(土)BS NHK「京都人の密かな愉しみ」終わってしまいました。
三八子さんが好きな方と結ばれてホントヨカッたですネ。
老舗有職菓子司「久楽屋春信」若女将とお隣さんのイギリス人大学教授のドラマの間に、大原千鶴さんの京料理と京都人のお話、オムニバスのドラマとおもしろい構成なので放映されるたびに観ておりました。
ドラマは複雑で、切ない感じが京都の街並みと合っていましたネ。
ただ、時々うぅーん?というイントネーションのセリフがあって、そのつど「それは◯◯や…」とひとりでテレビにツッコンでました(笑)
たぶん、常盤さんと大学生役の彼以外は関西の方ではないのですネ。
今回、大学生の彼が「ごきんとはん」の話をしていました。
生前、母はワタシがキッチリしようと何かに没頭していると「あんた、ごきんとはんやなぁ…」とよく言っていました。
それって、だいたい呆れられてるんです(笑)
そんなコトを思い出しました。

最終話でしたが、もしかしたらパリから三八子さん帰って来るかもしれませんネ。
それはダメかぁ〜。
では、里帰りとかで…ネ。


TOP