モノコト

日々のものこと

カップ大集合

ギャラリーテンさんの企画展「カップ大集合」ゴールデンウィーク唯一の予定は、ギャラリーテンさんの5月の展示「カップ大集合」へ行くコト。
ギャラリーオーナーさんにお願いしてお写真撮らせて頂きました。
竹内陽子さんのブルーのマグ、カワイイ♡
いつも和室のしつらえがステキです和室には今回参加の作家さんのカップが一堂に並んでいました。
オーナーさんのお家のお庭のヤマボウシのお花、さわやかでステキなしつらえです。

いろんな作家さんのカップが並んでいますその作家さんの個性がヒカル作品が並んでいて、観ているだけで楽しくなります。

壁には松浦香織さんのドローイングや布の作品(ランチョンマットやコースター)が展示してあります。
何度かギャラリーテンさんで松浦さんの作品は拝見していますが、ホント観たらすぐわかる独特の作品でおもしろい!
ゴールデンウィークに何にも予定がなかったので、伺うコトが出来てヨカッた!楽しかった!
ステキなマグにも出会えたしネ。

展示は21日(月)まで。
ジブンだけのお気に入りカップがほしい方にはオススメです。
いえいえ大好きな方へのプレゼントにもイイかも…。
ゴールデンウィーク中はお休みないようですが、行かれる方はギャラリーのカレンダーを確認してくださいネ。

ムーミンのウェットティッシュ

ムーミンのシルコットウェットティッシュスーパーマーケットで見つけました。カワイイ!
思わず3個も買ってしまったムーミンのシルコットウェットティッシュ
正確には、ためてたポイントで頂きました。
一つはミーが好きなお友達に…。
実は我が家、ウェットティッシュなるモノがありませんでした。
もったいない感じがあったんですヨネ〜。
でも、あると便利。
仕事場にもひとつ。
ムーミンがついてるので、ウレシいです。

魔法瓶ポット

ずっと前から気になってたアルフィ オパール のホワイトもう5、6年前くらいからステキだなぁ〜と思っていたドイツ製の魔法瓶ポットがありました。
その当時、大好きなブログでひなこさんがご紹介されてて「ワタシもこのポット気になってるのヨ!」と主人に話していました。
そのカッコよさだけでなく、長時間の保温効果の機能もさすが!
ずっーーと、アマ◯ンのほしいものリストに入っておりました。
アルフィ ジュエルのクローム。
まるで鏡のようで、クラシックなカタチが美しい。
いつかいつかお迎えしたい、ずっと憧れておりました。
でもズボラなワタシ…。
クロームはピカピカに磨かないとダメなんやろなぁ〜と思うようになってきました。
その内、ボディの色もイロイロあるコトを知りました。
お鍋も保存容器もそうですが、ワタシは琺瑯の白が好き!
でも、ジュエルの白は今、ヒカリが当たるとラメのようにキラキラするパールホワイトという色。
それはニガテ…好きなのは琺瑯の白ですから。
で、オパールというシリーズの白は、どうやらワタシの好きな白だとわかりました。
アルフィ オパールのホワイトです。
カタチは違いますが、クラシックな感じとペンギンのようなシルエットが気に入りました。

後から気がつきましたが、石田ゆり子さんのご愛用品のようなのです。
改めて「Lily」をよく見たらお写真に写ってました。
決してミーハーでマネをしたワケではありません!
でも、ゆり子さんのご愛用品と同じでウレシい!(やっぱりミーハーだぁ!笑)
専用のドリッパーでコーヒーを淹れると8杯分作れます。
飲みたい時に温かいままのコーヒーが飲めます。エエわぁ〜。
何よりその存在感がステキです。
お外に温かい冷たい飲み物を持っていく時も、活躍してくれますネ。

日本タンポポ

日本タンポポを探して春になると、キニナルモノがあります。
それはカワイイ黄色いお花、タンポポ。
ももとお散歩しながら、注意深く観察しています。
それでもなかなか見つけられない日本タンポポ。
ご存知の方も多いと思いますが、今その辺に咲いているタンポポはだいたいが西洋タンポポ。
そもそも西洋タンポポは外来種で、繁殖力があって暖かい地方ではほとんど一年中咲いています。
それに比べて日本タンポポは、春にしか咲かず西洋たんぽぽに押されてだんだん数が減ってきました。
そんな日本タンポポが好きで、春になると探してしまうのです。
今日、今年初めて日本タンポポを見つけました。
ナント!我が家のアパートの植栽の合間にポツポツと。
見分け方はお花の萼(がく)。
日本タンポポは写真のようにがくが、クルンと反っていません。
そうやってタンポポを観察すると、ほとんどクルンとなってて日本タンポポって絶滅?って思うほどです。
タンポポが咲いてたら、一度お花の下側をチェックしてみてください。
日本タンポポ見つかるとウレシいですヨ。

大きな糸まき

CASICA さんで買った大きな糸まき先日、CASICA さんにmitsukoji さんのジャムを買いに寄ったのですが、残念ながら売り切れ。
せっかくなので、お店を見ていると「コレなんだろな?」と思ったモノが山積みにされていました。
よく見ると、ひとつひとつ微妙に大きさもカタチも違って、古いモノだというコトだけはわかりました。
墨で字が書いてあるけど、それが何かはわかりませんでした。
でも「あ!我が家のじゃがいもを入れてるカゴの台になりそう!」とピンっときました。
じゃがいもを入れてるカゴは、床にそのまま置いていて何か台があるといいなぁと思っていました。
で、お店の方に聞いてみました。
すると明治から大正かけて、製糸工場で繭を絹糸にしていく過程で使っていた糸まきなんだそう。
「あ!野麦峠みたいな?」と聞くとアラサーぐらいのその方は「え?え?なんですか?」とナンノコッチャ?みたいな表情。
ワタシは学校でこの映画観ました。
知らないでしょうネ〜「昔そういう映画あったんです」って適当にゴマかしました(笑)
古いけどまだまだ使えそうなしっかりしたモノだったので一つ頂いてきました。
価格もジャムよりお安かった。
思った通りぴったり。
横向きにするとワインなどの瓶も置けるらしいです。
梅干しや味噌の隣でいい感じです。

しゅわしゅわグラス

花粉症はしゅわしゅわしたもんが飲みたくなりますスギの花粉は落ち着いてきたらしいですが、ヒノキが真っ只中。
そしてワタシはスギ、ヒノキ、イネ科の雑草もアレルギーなので、これからも花粉症は続きます。
そもそも、花粉症発症したのはゴールデンウィークでした…。
洗濯物も外に干せません。
ツライのは、朝起きると鼻が詰まってノドがガサガサです。
だから、しゅわしゅわする飲み物が気持ちいいぃ〜。

蠣崎マコトさんの美しいしゅわしゅわグラス。
横浜のヨリフネさんで展覧会があった時、拝見しました。
で、今東京ミッドタウン日比谷三階、HIBIYA CENTRAL MARKET Libraryさんに蠣崎さんの作品が並んでいます。
オープン間もない、ミッドタウン日比谷はスゴイヒト!
平日のなに、エスカレーターはぐるーり一周回らないと乗れません。
とりあえずお目当てのLibraryさんで蠣崎さんのグラスを買って、あとはチラッとチラッと見ただけで退散してきました。
人混みニガテ、GINZA SIXのオープン時と同じようです。
B1のカスタードアップルパイはとてもイイ香りがしたので買って帰りたかったけど、30分待ちだったので泣く泣く諦めました。
少し落ち着いてから買おう〜。

ヨリフネさんで拝見した、蠣崎マコトさんのガラスはどれも洗練されたステキな作品ばかりでした。
ホント「洗練された」という言葉がピッタリ。
フフフ〜語彙が乏しいので、他に思い浮かぶ言葉がなくてうまく表現できない(笑)
とても美しいです。
やっぱり言葉知らずダァー。
ちなみにジンジャエールを飲んでます。

さて何の花でしょう?

ワタシも今年初めて見ましたワタシも初めて見ました。
実は味噌作りのワークショップの時、ギャラリーらふとさんで頂いたひと枝に小さなツボミのようなモノがついていました。
これってツボミでしょうか?って話してて調べてもらったらやはりツボミ。
へぇ〜花咲くんですネ!とお話ししていました。
我がアパートの植栽にもその木があります。
よく見ると寒い時季からツボミがついていたので、いつ咲くかなぁと楽しみにしていました。
さーて、何の花でしょう?

ヒント : 葉っぱはスープに入れると香りがして美味しくなります。
そうローリエ月桂樹です。
調べるとこれは男の子の木。
銀杏のように雌雄があるみたいです。
ギリシャ神話にも出てくる昔からある植物。
黄色いカワイイお花はいいカホリです。

ツバメ飛来

ホッとひと息、今日のおやつ今日は、朝からじぃの病院をハシゴしました。
その後はじぃの一週間分の買い物。
正直、チカレました…。
病院ってホント理不尽に長時間待たされるのが、ワタシの性分に合ってません。

お家に帰ってホッとひと息。
頂きモノのノア・ドゥ・ブールさんのサブレ缶です。
鳥ちゃんサブレがとてもカワイイ♡
バターの香りが良く美味しいお菓子ばかりです。
甘いお菓子を頂いて、チョット回復しました!心身ともに。
美味しいモノの威力はすごい。
ごちそうさまでした。

今日、ツバメを見ました。
すごいスピードと角度で飛ぶ姿はいつもホレボレします。
また、わが町で子育てガンバってネ〜。

今日のおやつを彩る、手仕事のお品。
ケメックスの持ち手 三谷龍二さん、羊毛フェルトのコースター 今野恵さん、お菓子のお皿 松塚裕子さん、コーヒーをいれた加彩ボウル 内田鋼一さん、クリーマー 茨木伸恵さん、グリーンのコースター tassさん、そしてリネンのツバメちゃんのクロスは刺繍トルションシリーズ ALDIN(アルディン)さんです。
アルディンさんの刺繍トルションシリーズは、青い鳥とこのツバメちゃんは持っていますが、他にもさくらんぼ、ヴァカンス、スミレ、朱い実、リンゴなどがあって集めたくなる可愛さです。
どこかで出会えたらいいなぁ〜。

桜の葛焼き

京都 和久傳さんの桜の葛焼き母のお供えに買った、京都 和久傳さんの葛焼き。
実はワタシ、葛焼きが大好き。
初めて食べたのは、暑い夏に仙太郎さんの葛焼きです。
それからは毎年、夏には食べていましたが、こちらに引っ越してきてからは仙太郎さんに行っても売っていませんでした。
京都弁の職人が「最近は京都でも作ってませんわ…すんません」とおっしゃっておりました。
で、和久傳さんの葛焼きは初めて。
しっかりしてて中に桜の葉も入っていて、塩気と甘みが絶妙で美味しいです。
秋は栗の葛焼き、冬は柚子の葛焼き、早春は蕗のとうの葛焼きがあるようで、また頂いてみたいですヨ〜。

桜の葉は「夜さくら」に入っていたモノ。
うつわは楠田純子さんのキナリ六寸リム皿です。
ワタシ、ステキなうつわ持ってるわ〜とホレボレします(笑)
もものお散歩で拾ったオオシマザクラもいいカホリ。
決して折って持って帰ってきたのではありません。

オレンジティー

これなかなか美味しいです昨日今日とホント春本番。
みかん星人がCMを観て気になってたアイスティー、甘さが控えめで美味しいです。
つい、一週間前に雪降ってたのにネ〜。
少しオレンジ果汁を入れると、なお美味しいです。

春の上野

国立博物館内にある池田家上屋敷表門(黒門)今日は上野に行きました。
こんな花見シーズンに上野に行くのは気が進みませんでしたが、用があったのは国立博物館の方向。
池田家上屋敷表門(黒門)のソメイヨシノもほとんど満開、お花見の場所とは離れているので静かでした。
上野公園は桜だけでなくいろんな樹木が芽吹き始めていて、桜の薄紅色と萌黄色のコントラストがとても美しかった〜。
旧東京音楽学校奏楽堂の前あたりです。
春を愛でるというコトは、桜のお花見だけでないと思うんですけどネ!

ココロざわめく

桜の季節がついにやってきました!ついにやってきましたネ!
毎年ナゼか桜が咲く期間、ココロが騒めきます。
なんででしょう…。
その季節が終わるとホッとするのです。
それにしてもなんてカワイイのでしょう…。
オオシマザクラはほんのりカホリがします。

先日、NHK BSでユーミンの「瞳を閉じて」の曲の誕生の経緯やその歌がどんな風に歌い継がれているかというドキュメンタリー番組をしていました。
「瞳を閉じて」は長崎県 奈留島の高校生がユーミンの深夜放送のラジオに「校歌を作って欲しい」という手紙がキッカケで作った曲で、結局、校歌にはならず愛唱歌として島で生活している人、島を出て都会で生活する人たちの中で歌い継がれている曲らしいのです。
番組は時間の経過とともに、そのドキュメンタリー映像が残っており、荒井由実時代のアーカイブの映像などとても興味深く観ました。
実はこの「瞳を閉じて」という曲、ワタシが初めてユーミンを知った曲なのです。
高校の時の音楽のテスト、誰とでもいいから二人組で好きな歌を歌うというテストで、友達と歌った曲が「瞳を閉じて」でした。
一緒に歌おうと誘ってくれた友達はユーミンが大好きで「いい曲あるねん」と紹介してくれました。
全く知らない歌でしたが、とても気持ちが良くてチョット遠い懐かしさを感じる曲だなぁと感じました。
友達がハモってくれた「瞳を閉じて」は音楽の先生が絶賛!満点をもらいました。
それからというもの、友達と何度もコンサートに行きユーミンのファンになりました。
ユーミンのコンサートは、演出もすごくて毎回驚いたなぁ〜。

でも、最近はほとんど聴かなくなってしまいました。
久しぶりにユーミンが聴きたいなぁ〜と思って、今井美樹さんの「Dialogue-Miki Imai Sings Yuming Classics-」を聴いています(笑)
え?ユーミンちゃうやん!と突っ込まれそう。
この今井美樹さんのカバーアルバムはワタシの好きなユーミンの歌ばかりなんです。
誰が選曲したんでしょう…。
ちなみにこのアルバムでワタシの好きなユーミンは「青いエアメール」「霧雨で見えない」「私を忘れる頃」です。
ほかのユーミンのお気に入りは、今の季節だと「花紀行」チョット暗いかんじですが「観覧車」も好きです。
この頃のユーミンの曲は言葉、メロディの中にその情景をイメージし、誰もが共感できたのだと思います。
「シンデレラエクスプレス」や「人魚になりたい」は聴くとその時代にタイムスリップしたみたい…。
ノスタルジックな世界に浸っています。

うぐいす餅とラナンキュラス

母の好きなうぐいす餅をお彼岸なのでお供えしました今日はあいにくの冷たい雨、都内は雪のようですネ。
春のお彼岸は桜の頃に毎年お参りするので、今日はお家でゆっくりです。
ですが、お彼岸なので母の好きなうぐいす餅をお供えしました。

実は、月曜日お仏壇のお供えに桜もちを4つ買いましたが、次の日には全部なくなっていました。
一応今日までの賞味期限だったので「一つずつ食べてネ」とじぃのは言ったのですけどネ。
「小さい小さい桜もちやったからな〜」って…。
確かに小さめが一つの箱に入った桜もちでしたけど、それを全部一気に食べたのはよろしくないです!
まぁ〜もう食べてしまったもんは仕方ない。
今度からはお供えも一個にします(笑)

お花好きの母だったので、この一週間イロイロお供えしました。
ワタシの最近のお気に入りはラナンキュラス。
少し前まではカワイイピンクに黄色くらいだったのに、今では渋めの色だったり薄紅だったりミドリだったりバリエーションが増えました。
お花の形もウエーブのある花びらだったり、ポピーみたいな開いていたり、あまり開かないモノだったり、お花屋さんで見るだけでも楽しいです。
香りのよいレモン色のスイトピーと一緒に…。
都内は桜開花みたいですが、こちらはチラホラです。
さーてお墓まいりとお花見はいつにすれば良いのやら…。

甘いカホリ

夜にいちごジャム煮てます部屋中甘いカホリが広がっています。
お昼は結構忙しくホントはやりたいコトがあったのですが、1時間くらい寝落ちしてしまいました。
まぁ〜そのおかげで頭はスッキリです。
ずっと、寝不足だったのでヨカッたかも…。
で、夜にいちごジャムを煮ています。

岡本太郎さんの太陽の塔の内部が復活されたんですネ。
今夜と水曜日、NHK スーパープレミアムで特集されます。
太陽の塔は、小さい時からずっとワタシの成長を見てくれていたと思っています。
今は離れていますが、ずっとココロの中にあります。
大阪万博の時はまだ小さかったけれど、中の様子はとても印象的でした。
それが復活するなんてウレシい!
実物も見てみたいなぁ〜。

コーンフレークでフライドチキン

今日は久しぶりにゆっくりできましたもう、次から次へといろんなコトが同時進行しているので、すぐに思いついては忘れてしまいます。
なのでノートを備忘録にして「そうそうあれもやらなきゃ!」と書いては、出来たらチェック!を繰り返しております。
それでも最近、あ!そうだ!と思っても振り向いたら忘れてるってコトが多々あるなぁ〜。
時々自己嫌悪に陥ります(笑)

今日は午前中にスーパーマーケットに買い物にいきましたが、それ以外は予定がなかったのでゆっくりできました。
年末に朝イチの番組で「きょうの料理」舘野鏡子さんが紹介されてた、コーンフレークを衣にしたフライドチキンと電子レンジでチンしてから揚げる簡単フライドポテト。
ずっと作ってみたかったのに、なかなか出来ませんでした。
簡単でカリカリのコーンフレークの衣が美味しい!オススメです。
朝イチのHPにレシピが載ってたらリンクを貼ろうと思いましたが、去年だからもう出てきません。
興味のある方は「舘野鏡子さん コーンフレーク 鶏むね肉」で検索してみてください。
まとめや個人でレシピをアップされています。
冷めても美味しいのでお弁当にもイイし、たくさん作って冷凍しておけるので便利です。

とにかく、3月を乗り切れるように体調に気をつけてガンバロ〜。
昨日は冷えてお腹壊しました…(涙)


TOP